Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ

スタッフのつぶやき

赤ちゃんの視線の先は

  • 投稿日: 2018年08月24日 著者: 松田 佳尚

よく知られていることですが、赤ちゃんは相手の顔を見るのが大好きです。生後間もない赤ちゃんでは、輪郭をたよりに見ているため、お母さんが髪型を変えたり、眼鏡を外したりすると分からなくなることがあります(※実際は匂いや声を頼りにちゃんと分かっています)。その後、2ヵ月頃から、目や口などにも注意がいくようになり、髪型を変えても認識できるようになります。

実際わが子は、自分の顔のどこを見ているのか、どんな風にみているのか、みなさん気になりますよね。私達は2年程かけて、赤ちゃん学研究センターに来館くださった生後3ヵ月~3歳のお子さん達、約200名を対象に、顔(特に表情)の見方を調査してみました。調査は自動視線計測装置という、赤ちゃんがどこを見ているのかを自動で計測してくれる機器を使いました。『目は心の窓』といいます。赤ちゃんがどこを見ているのか、どれくらい長く見ているのかを調べれば、赤ちゃんの心が分かるのでは。まだモノ言わぬ赤ちゃんの視線の先を探るためには、ン百万円する機器だって導入します。そこで得られた子どもたちの視線の動きを、ご一緒いただいた親御さんへ、お一人お一人フィードバックしているのですが、みなさんが共通して驚かれることがあります。以下、挙げてみました。
例えば、テレビ画面の中に、右と左、別々の顔を表示します。そうすると、
①特に月齢が低い場合、右側の顔ばかり、または左側の顔ばかりを見る。(どちらかに偏っている。見方にその子のクセがある。)
②髪の生え際や、顔の輪郭をよく見る(上で説明した通りです。枠組み効果と言います。)
③生後半年~1歳前の子は、口元を見ることが多い。(ことばの発達と関係あると言われています。)
④同じものばかり見せていると、直ぐに気づいて飽きる。(乳児の飽きっぽさは認知能力の高さとも言われています。)

発達に応じて変化していく視線の動きは、現場の研究者がよく知っている事実です。しかし説明を聞いてくださっているお母さん・お父さん達は、まるでわが子を再発見したように慈しまれていらっしゃる時があり、そのお顔を拝見した瞬間、研究者をしていて良かったと、心から思えます。

翻って、単身赴任生活6年目も近い我が身。関東在住の我が子達は、今この瞬間、一体何を、とも思います。「瓜はめば 子供思ほゆ・・・」の心境です。ですので、来館くださる赤ちゃん達、子ども達を見ることで、少し気持ちが和らぎます。
日本が、世界が、「勝れる宝 子に及かめやも」と思える社会になって欲しい、そのために必要なことは、といつも思っています。

受け継がれる「おしゃべり」

  • 投稿日: 2018年08月10日 著者: 松田 篤子

初めてつぶやきに登場します。松田(あ)です。

赤ちゃん学研究センターにおける「松田」と言えば、研究者の松田先生が先にいらっしゃいますので、センター内では「松田(あ)です。」と名乗っております。以後、よろしくお願いいたします。

さて、私にはこの春小学校に入学したひとりっ子の娘がいます。これくらいの女の子は男の子より「おませ」で「口達者」とはよく言いますが、うちの娘(センター内では「ひーちゃん」で通っています)は輪をかけて口達者でおしゃべりで、しばしばビックリすることを言うことがあります。

今までの印象に残っている娘のおもしろ発言。

2歳半くらい。トイレトレーニング真っ最中。保育園では素直にトイレに行くのに、家では頑なにトイレに行かなかった娘が、私との「トイレに行こう!」「ヤダ!」のやり取りの中で発した一言。
「もー!ひーちゃんはいっしょうおむつでいいのよっ!!」

…2歳児から「一生おむつ宣言」が出るとは思いませんでした…。
※ちなみに、その後幼児用便座のタイプを変えたら、すんなりトイレに行くようになりました。

5歳のころ。誕生日が11月の娘は、何を誕生日にもらい、何をサンタさんからもらうかを毎年考えるのですが、悩んだ末に娘が放った一言。
「サンタさんには〇〇をもらうわ。だって〇〇のほうが高いから、サンタさんにもらったほうが得やろ?」

…お母さん的には、実は出費、変わらないのですけど…ありがとう…気をつかってくれて…。

そんな経済観念(?)を持った娘が、先日つぶやいた言葉。
テレビで「世の中はお金だ!」というような内容のことをやっていて、私が「まあ、お金は大事よね…」と言ったところ、
「でもおかあさん。愛情はお金で買えへんで。」

…どこでそんなセリフ覚えてきたんでしょうか。1年生さん…。

こんな口達者な娘ですが、母である私もかなりの「おしゃべり」であることを自覚しているので血は争えません。お腹の中にいたころから私の話を聞いてきて、このお母さんとやっていくにはしゃべりが達者にならねば!!と思ったのでしょうか?(笑)
なお、私の母もン十年セールスウーマンとしてならしてきた「筋金入り」のおしゃべりです。

この先、娘はどんなおしゃべりを繰り広げていくのでしょうか?
少し怖く(?)もあり、楽しみでもある母であります。

↑ お絵描きも大好きな娘。
センターstaffの上野山さんが作った「すいみんがんばりシート」をリスペクトして娘が作った「すいみんがんばりシート」

「エコチル・フェスタ」を終えて

  • 投稿日: 2018年08月03日 著者: 東谷 理恵子

7月22日 エコチル・フェスタ「3びきのこぶた」が大盛況に終わりました。
たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。楽しい夏の思い出になりましたでしょうか?

「3びきのこぶた」は、劇団カッパ座さんによる等身大の人形劇でした。
人形劇を見るのは何年ぶりだったでしょうか。
子供達が小さい時以来だったような・・・
長男と次男の歳が離れていたので、次男のレベルに合わせて見に行ってみると、長男が退屈で、「帰る」と言い出したことがあったような・・・
そんなとりとめのないことを思い出しながら持ち場に立っていると、話が進むにつれて懐かしい気持ちになりました。

「3びきのこぶた」は、あまり喋らなかった次男が、熱心に「ぶーぶー」と指差して興味を示した数少ない作品の一つでした。
少しでも次男に言葉を覚えて欲しくて、繰り返し読んだことを思い出しました。

高校生になった次男は、相変わらず言葉数は少なめですが、私をやりこめたい時はここぞとばかりに喋ります。
あの時の読み聞かせが少しは実を結んだ成果なのかは謎ですが、子育ての結果はいつ現れるか分からないなと感じています。

まだまだ頼りなくてのんびり屋の次男ですが、長い目で見守っていこうと思う今日この頃です。

ゴーヤ

  • 投稿日: 2018年07月27日 著者: 橋詰 周子

我が家は家族みんな、ゴーヤが大好きです。母が作っていることもあり、多い時には一度に10本近く届くこともありますが、毎日食卓に出しても喜んで食べてくれます。

ただ食べ方はというと、ゴーヤチャンプルーかサラダのどちらかです。家族からは特に不満はないのですが、何か他においしいレシピはないかと、煮びたしや天ぷら、つくだ煮など、いろいろと試してはみるものの家族の反応はどれもイマイチ・・・。

あの食感と苦みが好きだから、あれこれ手を加えるよりはシンプルに味わいたいということで、結局二択のメニューに落ち着いています。また飽きがきたら、その時考えようかなと思います。

お気に入り

  • 投稿日: 2018年07月20日 著者: 西 美香

今春から高校生になった息子のお弁当生活が始まりました。
好き嫌いがないので、お弁当は作りやすいのですが、毎日となるとどんなおかずにしようか悩むこともしばしば。

そんな様子を見た息子が、「毎日同じおかずでもいいよ。」と私を気遣う一言。
高校生になり大人になったんだなあと思っていたら、「でも、カボチャサラダが入ってたら、めっちゃテンション上がるわ。」と言うので、私が思わず「女子みたい」と突っ込み、二人で大笑いしてしまいました。
まだまだ可愛いところもある息子のために、また明日からお弁当作りに励みます!

赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
アクセス
リンク
メディア
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
アクセス
リンク
メディア


ページ
上部へ