Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ

著者: 加藤 正晴

発達心理学でもっとも有名な実験:アルバート坊や

  • 投稿日: 2018年04月20日 著者: 加藤 正晴

心理学を少しでも学んだ人ならば「アルバート坊や」と聞くと、「あぁ、あれね。授業でやったよ」と言うと思います。そして必ず「でもあれって、非道(ひど)い実験だよね。今だったら子どものトラウマになったらどうするの!非常識!と言われて実験すらさせてもらえなかったんじゃないかな」と続けるのではないでしょうか。

そう。これはまだ調査参加者の人権に対する意識がほとんど無い頃の赤ちゃん調査の物語です。誤解がないようにあわてて先回りをしてお伝えすると、今では調査参加者の人権が十分に尊重されているかどうかが、事前に厳しく審査されています(詳しくはあとがきにて)。あくまで昔話としてお読みいただければ幸いです。

と、前置きはこのぐらいにして、どんな実験だったか簡単にご説明しますと、、

何も知らない子どもに、ラット(実験用のネズミ)を抱かせながらガンガンとバケツを叩くような音を大音量で聞かせることを何度も続けたら、最終的にはラットをみるだけで泣き出すようになるんじゃないか、、を知りたいと思ってやってみたらそうなりました、というまぁ確かに非道いよねって言われるような実験なのです。

不幸なことに、この実験に参加した生後11-12ヶ月のアルバート坊やは、ラットを怖がるだけじゃなく、他のものにも恐怖を感じるようになってしまいました。もともと平気だった毛でふわふわしてるもの(ウサギ、イヌ、クマのぬいぐるみ、毛皮のコート、果てはひげの生えたサンタクロースのお面!)さえ怖がるようになってしまったのです。非道いのは実験者はもともとそれを狙って実験を始めていることです。

一応実験者のワトソン(行動主義の提唱者。とても有名な心理学者)を弁護するならば、彼は「人は遺伝で決まるのではない!経験がほとんどすべてを決めているのだ!」と考えていて、特に赤ちゃんは何も書かれていないホワイトボードのような存在で、経験とともに人格、知性、運動能力などが決まっていくのだと主張したのです。それを証明するための実験としてこんなことをしたんですね。彼はこんなことも言っています。「私に12人の子どもを預けてくれれば、弁護士、政治家、犯罪者、どのような人でもお好みに応じて育ててみせる」と。現在では、彼の考えは極端なものであって、遺伝と環境の相互作用で人は形作られると思われています。

いや、たしかにそのテーマは興味深いけど、どうして「恐怖の学習」を選ぶ必要があったんでしょうね。そしてその子はその後どうなっちゃったの?って思うのではないでしょうか。
今回のつぶやきは、これを調べた論文を紹介したいと思います。
先に言っておくとネタはこちらにあります。10年近く前のブログの記事ですが、当時これを読んでとっても印象に残っているので、こうやって皆さんにもお伝えしたく書いているというわけです。ワトソンの実験の様子を説明した動画もそちらにあるので見に行って下さい。

このブログで紹介されている論文によると、この人らしいという人は見つかったけれど、すでに亡くなっていたそうです。でもその途中で様々なことが分かります。
たとえばアルバートのお母さんはワトソンの職場の近くの病院で働く乳母であったこと。なぜ彼女がこの実験に子どもを参加させたのかは分からないけれども、参加費用が高額だったせいかもしれないこと(彼女は一度来訪する毎に1ドル(当時のこの職の女性にとってはかなりの金額)を受けとっていました)。アルバートは偽名だった可能性が高いこと。母親は偽装結婚で子どもを産んでいたこと。などなど。。当時は研究倫理の考え方がありませんでしたから、ワトソンは社会的弱者を利用する形で研究を進めたと言われてもしょうがないですね。現代の観点からは批判すべきところです。

そもそもこの論文は当時の社会においても議論の的となる研究だったようです。そんなときに彼は共著者の女子学生とのラブロマンスをすっぱぬかれ、奥さんに離婚され、解雇されます。その後彼はアカデミックの世界からは姿を消します。
(ただ彼自身は有能な人物だったのでしょう、その後世界有数の広告会社(J. Walter Thompson)へ転職した後、副社長まで上り詰めます。心理学オタクのための小ネタを付け加えておくと、ワトソンはその後生まれた二人の子どもにウィリアムとジェームズという名前をつけています。繋げて読むとウィリアム・ジェームズ。これまたとても有名な心理学者です。きっと心理学にはまだ未練があったのでしょうね。)

一つの論文の中にもドラマがある。そんなお話しでした。

<必ず読んで欲しい、ささやかなあとがき>
前置きにも書きましたが、こんな非人道的な調査は、今はどこでも行われていません!
私たち赤ちゃん学研究センターでは、赤ちゃん調査を行う場合、研究倫理審査委員会に研究計画を提出して審査してもらい、承認を得てから行っています。審査は、目的にとって不必要なことを行っていないか、参加者の権利を侵害していないか、個人情報の保護は十分かなど、複数の視点から行われ、特に医学系審査の場合は承認が下りるまで2,3ヶ月かかることもよくあります。

これからご参加を検討されている保護者のみなさま、どうぞご安心してご参加下さい。

なによりも、赤ちゃん調査は普段の育児とは違う観点からお子さんを見る事ができるチャンスです。ゆったりとした調査室で調査の目的を研究者本人がご説明し、納得できなければ途中でやめることもできます。調査が終わればその場で結果についてご説明もいたします。お母さんだけでなく、お父さんにもぜひご来館いただき、我が子の新たな側面を一緒に見つけてみませんか?

スタッフ一同お待ちしております。

漫勉

  • 投稿日: 2017年05月23日 著者: 加藤 正晴

NHKで不定期連載的に「漫勉」という番組を放送しています。

日本で活躍している漫画家さんの仕事場に定点カメラを置き、3日ほど記録したものを、撮影された本人と浦沢直樹が見ながら語り合うという番組。
浦沢直樹は皆さんご存じ、20世紀少年、BILLY BAT、PLUTOなどヒット作を連発して手塚治虫文化賞大賞を二度も受賞した日本の至宝ですよね(旧装丁のMASTERキートン全巻持っています)。映るのは二人のやりとり、そしてターゲットとなった漫画家さんの筆先と原稿。たまにワイドに映した映像もあるけれどもそれでも背景は漫画家さんの仕事場。関係資料や雑誌に囲まれたごみごみした様子が見えるだけ。なんとも地味な番組です。
でも、漫画好きにはたまらない。真っ白な誌面に下絵が描き込まれ、ペン入れがされ、スクリーントーンが張られたり、墨で塗られたりして生原稿ができていく様には目を吸い付けられます。

今までに出演した漫画家さん(と代表作?)は以下の通り
浅野いにお  『おやすみぷんぷん
さいとうたかを 『ゴルゴ13
東山アキコ   『東京タラレバ娘
藤田和日郎   『うしおととら
萩尾望都   『イグアナの娘』『ポーの一族
花沢健吾   『アイアムアヒーロー
五十嵐大介   『海獣の子供
古屋兎丸   『帝一の國
池上遼一   『サンクチュアリ
三宅乱丈   『ぶっせん』『イムリ
高橋ツトム  『スカイハイ
浦沢直樹   『20世紀少年
かわぐちかいじ 『沈黙の艦隊
山下和美   『天才柳沢教授の生活
清水玲子   『秘密 -トップ・シークレット-
伊藤潤二   『うずまき
山本直樹   『レッド
ながやす巧  『壬生義士伝

僕がこの番組に気づいたのは今年からだから、山下和美さんから。もっと前から気づいていればよかった!!!
これをみてつくづく漫画家の先生たちは凄いなぁと尊敬の念を新たにしました。
もうあれだけ上手い絵を描いているのに、「もっと上手くなりたい」という一心で書いているっていうんです。下絵だって、まず表に一回、裏返してデッサンの狂いを確認してなぞりながら2回目、表に返して消しゴムをかけて、裏側のを見ながら修正。これで終わりじゃなくて、もう一度裏返して狂いを修正したら、表に戻って、、繰り返すこと7回!別の漫画家の方は、デッサン狂いを確認するのに裏返しをするのは手間だから、手鏡を脇に備えていて、そこに何度も映しては修正するという方法をとっていました。
ながやす巧先生の絵は本当に綺麗ですが、絵だけじゃなくて、時代考証や人物設定、衣裳設定などを固めるために2年間あてるのだそうです。原作付きの作品なのに! その設定資料集がちらりと紹介されていましたが、それがもうすごい。そのまま作品クオリティ。誰が見るわけでもないのにここまで書き込むのかという驚きの連続。
時間をかけて磨けば磨くほど輝くものが作れるのだなということを改めて教えていただきました。見習わないといけないです。
ありがとうございました。

追伸
ちょっと調べたらDVDが出てるんですね一巻4000円ぐらいで10巻セットだと4万円。う〜〜〜〜〜ん。買っちゃう?

追追伸
作品にはリンクでアマゾンに飛ぶようにしています。でも私にはなんのもうけもありません。ねんのため。

映画の話

  • 投稿日: 2016年09月05日 著者: 加藤 正晴

シン・ゴジラの話も書いても良いかなと思ったのですが、もうすでに色んな人が語っているようなので、、、

先日書いた『聲の形』ですが、映画の公開が刻一刻と近づいています。
文部科学省がこの映画とタイアップして、小、中,高、特別支援学校にポスターを配布するほか、特設サイトも作成します。
文科省としては、いじめ・自殺防止、特別支援への理解、インクルーシブ教育システムの構築という施策と合致するからなんだそうです。

多くの人の目に触れるのが単純に嬉しいのと、このような動きを実現するために一生懸命努力をした人がいたのだということもまた嬉しいです。それほどこの作品には人の心を動かす力があります。
そういえば、ネットの何処かで、この聲の形(たしか読みきり版)を文科省のどこかの委員会で委員の方が参考資料として提出したという記事を読んだことを思い出します。そうかと思って文科省のサイトに行って議事録を読んだところ(議事録とかってみんな公開されてるんですね)、ほんとにそういうことがあったのをみて、しかもその方が、たしか聾唖協会の関係者の方で、そういう当事者にごく近い方が、この漫画を評価していることをしり、本当に感動しました。

世の中嫌なニュースもたくさんあります。でも良いものが、人々の善意によって広がっていく様を見られると、まだまだ日本も捨てたものじゃないですね。

若干19歳でこの作品の原型を作り、周りの妨害や援助をうけて連載版を書き上げたこの作家は、そのメッセージだけでなく、プロットの立て方、構成、細部への気配りが信じられないほどに芸術的です。これは漫画でしか味わえないものですから、よかったら一度読んでみてください。

61lsMyq5d6L._SY394_BO1,204,203,200_
『聲の形』大今良時

マンガの話

  • 投稿日: 2016年04月22日 著者: 加藤 正晴

赤ちゃんは言葉をしゃべりません。しゃべらない赤ちゃんはどんなことを考え、どんなことを伝えたいと思っているんだろう。

それが知りたいとき、僕たち大人は赤ちゃんをよく観察します。赤ちゃんに働きかけ、その反応を観察するという、言葉を用いない「聲(こえ)をかわす」ことで、赤ちゃんについてもっと知ろうとする態度、これが赤ちゃん学の根本的な姿勢です。でも、この姿勢は本当は研究場面だけじゃなく、赤ちゃんに対してだけじゃなく、子どもに対しても、大人に対しても、健常者に対しても、障がいを抱えている人に対しても、すべてに対して持つべき姿勢ですよね。
むしろ言葉を介した会話は、相手を理解するのを妨げることがあるのかもしれない・・・そんなことを以下に紹介するマンガを読みながら思いました。

61lsMyq5d6L._SY394_BO1,204,203,200_
『聲の形』大今良時

このマンガは赤ちゃんの話を書いたマンガではありません。耳が聞こえない少女とその少女をいじめ抜いた少年の物語です。いじめと障害というテーマのインパクト、繰り返し読むほどに圧倒される綿密な伏線。初めのうちはそういったものに目をくらまされて、それだけですごいマンガだと思ってしまいます。
でも、はじめの熱が冷めた後にも常にこのことを考えないではいられないぐらい、影響を与えられてしまいました(そんでこんなところに駄文を書いてしまってる^^;)。
このマンガのテーマは、人と人とが繋がることの困難さ、繋がろうとする姿勢の尊さ、そして許すこと、だとおもいます。
精進しないと。。

それにしても日本のマンガ文化はなんて豊穣なんでしょうね!!

7/12追記
映画になるのは知っていたのですが、新たな情報がこんなにでているとは!
演じる方々のコメントが、みなこの作品に真剣に向かい合ってくれているのがわかり、ますます楽しみになっています。
聲の形、キャストコメント

赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
アクセス
リンク
メディア
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
アクセス
リンク
メディア


ページ
上部へ