Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ

スタッフのつぶやき

発達心理学でもっとも有名な実験:アルバート坊や

  • 投稿日: 2018年04月20日 著者: 加藤 正晴

心理学を少しでも学んだ人ならば「アルバート坊や」と聞くと、「あぁ、あれね。授業でやったよ」と言うと思います。そして必ず「でもあれって、非道(ひど)い実験だよね。今だったら子どものトラウマになったらどうするの!非常識!と言われて実験すらさせてもらえなかったんじゃないかな」と続けるのではないでしょうか。

そう。これはまだ調査参加者の人権に対する意識がほとんど無い頃の赤ちゃん調査の物語です。誤解がないようにあわてて先回りをしてお伝えすると、今では調査参加者の人権が十分に尊重されているかどうかが、事前に厳しく審査されています(詳しくはあとがきにて)。あくまで昔話としてお読みいただければ幸いです。

と、前置きはこのぐらいにして、どんな実験だったか簡単にご説明しますと、、

何も知らない子どもに、ラット(実験用のネズミ)を抱かせながらガンガンとバケツを叩くような音を大音量で聞かせることを何度も続けたら、最終的にはラットをみるだけで泣き出すようになるんじゃないか、、を知りたいと思ってやってみたらそうなりました、というまぁ確かに非道いよねって言われるような実験なのです。

不幸なことに、この実験に参加した生後11-12ヶ月のアルバート坊やは、ラットを怖がるだけじゃなく、他のものにも恐怖を感じるようになってしまいました。もともと平気だった毛でふわふわしてるもの(ウサギ、イヌ、クマのぬいぐるみ、毛皮のコート、果てはひげの生えたサンタクロースのお面!)さえ怖がるようになってしまったのです。非道いのは実験者はもともとそれを狙って実験を始めていることです。

一応実験者のワトソン(行動主義の提唱者。とても有名な心理学者)を弁護するならば、彼は「人は遺伝で決まるのではない!経験がほとんどすべてを決めているのだ!」と考えていて、特に赤ちゃんは何も書かれていないホワイトボードのような存在で、経験とともに人格、知性、運動能力などが決まっていくのだと主張したのです。それを証明するための実験としてこんなことをしたんですね。彼はこんなことも言っています。「私に12人の子どもを預けてくれれば、弁護士、政治家、犯罪者、どのような人でもお好みに応じて育ててみせる」と。現在では、彼の考えは極端なものであって、遺伝と環境の相互作用で人は形作られると思われています。

いや、たしかにそのテーマは興味深いけど、どうして「恐怖の学習」を選ぶ必要があったんでしょうね。そしてその子はその後どうなっちゃったの?って思うのではないでしょうか。
今回のつぶやきは、これを調べた論文を紹介したいと思います。
先に言っておくとネタはこちらにあります。10年近く前のブログの記事ですが、当時これを読んでとっても印象に残っているので、こうやって皆さんにもお伝えしたく書いているというわけです。ワトソンの実験の様子を説明した動画もそちらにあるので見に行って下さい。

このブログで紹介されている論文によると、この人らしいという人は見つかったけれど、すでに亡くなっていたそうです。でもその途中で様々なことが分かります。
たとえばアルバートのお母さんはワトソンの職場の近くの病院で働く乳母であったこと。なぜ彼女がこの実験に子どもを参加させたのかは分からないけれども、参加費用が高額だったせいかもしれないこと(彼女は一度来訪する毎に1ドル(当時のこの職の女性にとってはかなりの金額)を受けとっていました)。アルバートは偽名だった可能性が高いこと。母親は偽装結婚で子どもを産んでいたこと。などなど。。当時は研究倫理の考え方がありませんでしたから、ワトソンは社会的弱者を利用する形で研究を進めたと言われてもしょうがないですね。現代の観点からは批判すべきところです。

そもそもこの論文は当時の社会においても議論の的となる研究だったようです。そんなときに彼は共著者の女子学生とのラブロマンスをすっぱぬかれ、奥さんに離婚され、解雇されます。その後彼はアカデミックの世界からは姿を消します。
(ただ彼自身は有能な人物だったのでしょう、その後世界有数の広告会社(J. Walter Thompson)へ転職した後、副社長まで上り詰めます。心理学オタクのための小ネタを付け加えておくと、ワトソンはその後生まれた二人の子どもにウィリアムとジェームズという名前をつけています。繋げて読むとウィリアム・ジェームズ。これまたとても有名な心理学者です。きっと心理学にはまだ未練があったのでしょうね。)

一つの論文の中にもドラマがある。そんなお話しでした。

<必ず読んで欲しい、ささやかなあとがき>
前置きにも書きましたが、こんな非人道的な調査は、今はどこでも行われていません!
私たち赤ちゃん学研究センターでは、赤ちゃん調査を行う場合、研究倫理審査委員会に研究計画を提出して審査してもらい、承認を得てから行っています。審査は、目的にとって不必要なことを行っていないか、参加者の権利を侵害していないか、個人情報の保護は十分かなど、複数の視点から行われ、特に医学系審査の場合は承認が下りるまで2,3ヶ月かかることもよくあります。

これからご参加を検討されている保護者のみなさま、どうぞご安心してご参加下さい。

なによりも、赤ちゃん調査は普段の育児とは違う観点からお子さんを見る事ができるチャンスです。ゆったりとした調査室で調査の目的を研究者本人がご説明し、納得できなければ途中でやめることもできます。調査が終わればその場で結果についてご説明もいたします。お母さんだけでなく、お父さんにもぜひご来館いただき、我が子の新たな側面を一緒に見つけてみませんか?

スタッフ一同お待ちしております。

あったかもしれないけど、なかったかもしれない

  • 投稿日: 2018年04月13日 著者: 小野 恭子

今年は久しぶりに大河ドラマを見ている。
『西郷どん』ですね。
まったく期待もせず、第一話をなんとなく見ているうちに
子役に引き込まれてしまい、続けて見ることに。
第二話では、すでに大人になってしまってたのだけど、
たぶん、このあたり(時代)のことが好きなのかも。

前回、ちゃんと通してみたのは『八重の桜』(2013)。
もう5年前になってしまうのか!
とはいえこれはまだ、私の中では終わってない。
最後の3回を残していて…というと、よく笑われるけど。
ジョーが亡くなってしまうのがわかっているので、
つらくて進めないのである。
いや、すでに亡くなってますけど!とみなに言われるけど。

高校生のころ司馬遼太郎にはまり、読書といえば歴史小説だった。
歴史のおもしろさは、あったかもしれないけど、
なかったかもしれない…の想像の余地があるところ。
たとえその時代に生きていたとしても、
すべての真実や事実がわかるわけではない、
どの立場にいるかで、見える景色も違うだろう。

そう思いつつも、司馬さんの描く歴史小説に説得力があるのは、
その裏に膨大なデータが積まれているからに違いない。
関西にきて、自分の車を手に入れて、すぐにドライブした先は
東大阪にある司馬遼太郎記念館だった。
11メートルの高さを突き抜けた書架にギッシリの書物は圧巻で、
それでも彼の蔵書の3分の1と聞いて、ただただ驚いた。
このデータの中から、時代と人を汲み取り、
何度も何度も濾して、創りあげられた世界だったのだなぁと
あらためて高校時代に出会えた書物の貴重さを実感した。

とはいえ。
それらのデータがすべてではない。
実は、母方の曽祖父が司馬さんのとある小説に出てくる。
その書かれようが、母方の、
とくに母の姉たち(私にとっては伯母たち)にはたいへん不評で。
孫から見た祖父は、そんな人ではなかった!のだろう。
仕事で見せる顔と、孫に見せる顔が違うのはしかたない。
そこまでは司馬さんも拾えなかったよねぇと、曾孫は冷静。
司馬さんにぶちぶちと文句を言いつつも、
彼女たちはその小説がテレビドラマになったときは、
もちろん全部録画していたようで、孫ゴコロは複雑である。

もうひとつ告白すると、高校時代に一番お気に入りだったのが
『竜馬がゆく』で、伏見の寺田屋には何度も足を運んだ。
なので、どのドラマでも、誰が竜馬を演じるか、
どんな竜馬を演じるか…は、とても気になってしまう。
今のところ、この竜馬こそ!と思った人は一人もいない。
さて、今回の『西郷どん』の竜馬はどうなることでしょう。
(何目線?)

追伸。
たまに「すんもはん。心して尽くしもす。」と口に出したいくらい、
鹿児島弁も気に入ってます。

 

快風館前の桜2018


ちなみに、赤ちゃん学研究センターが入っている『快風館』は
ジョーが脱国を決意して乗った北海道行きの船『快風丸』から名付けられている。

 

記念館の庭にある花供養碑

司馬遼太郎の詠んだ句、自筆。

新年度を迎えて

  • 投稿日: 2018年04月06日 著者: 越智 通秀

入学式、入園式、入社式と、心躍る親御さん、決意も新たに新年度を迎える学生や社会人の皆さんも多いと思います。
当センターのホームページも新年度らしく装いを少し変え、研究紹介のページを充実させるとともに、お母さま方がスマートフォンで閲覧しやすいよう、スマートフォンに合わせた表示方式を導入しました。多くの方に見ていただき、赤ちゃん調査に関心を持っていただければありがたいです。今後もコンテンツを増やしていきますので、ご期待ください。

さて、私はというと、入所早々、共同利用データベースの倫理審査申請と事業の運営・管理の仕組み作り、学内会議用資料の作成をお願いしますと言われ、「文科省・厚労省制定の医学系研究の倫理指針」と「学内申請手引き」を渡されてから9カ月が経ちました。医学系の研究に携わるのは初めてで、「侵襲って?」、「インフォームド・コンセントとは?」、「収集・分譲って1か所に集められたマンションの分譲??」と、初めて聞く専門用語の勉強から始まりました。
今までにない事業ということで、小西先生や加藤先生、松田先生の指導を受け、又、他の研究機関の先生方のご教示を受け、なんとか形にするまでこぎつけましたが、1つの課題を解決すれば次の新たな課題が見つかることの連続で、倫理指針を聖書の如く崇め、悪戦苦闘しながら毎日を過ごしています。

こんなわけで、癒しが欲しくなり、先月、長崎に行ってきました。丁度、「長崎ランタンフェスティバル」が開催されており、沢山の夜空に映える提灯と、わくわくドキドキの妙技の連続、「中国雑技」の世界チャンピオン「ウ・チャオさん」による高さ10m近くはあろうかという「超高層椅子のバランス芸」や、一瞬にして顔が変わる「変面」等を楽しんできました。

 こんなふうに⬇

次に、長崎バイオパークの「カピバラ」に会いに行きました。世界最大のねずみですが、おとなしくて放し飼いされています。触れることもできます。名物「カピバラ温泉」を期待していたのですが、あいにく終了していました。寒さに弱いのか、木炭ストーブの周りにくるまっている可愛らしい姿や、こちらを見つめる愛らしい目に、のほほんと癒されてきました。

最後は、長崎といえばお決まりの「ハウステンボス」で、日本3大イルミネーションの1つ、夜空に映える世界最大級1300万球の「光の王国」と、日本最多700品種が彩る「100万本の大チューリップ祭」を楽しんできました。又、元宝塚歌劇団や元OSK日本歌劇団のスターが出演するミュージカルも良かったです。ステージと観客席が近く、ステージから降りて目の前で踊るパフォーマンスもあり、非日常の体験を楽しんできました。

これらの癒しを糧に、新年度の取り組みに邁進していきたいと思います。
これからも赤ちゃん学研究センターの応援をよろしくお願いいたします。

初めての関西生活

  • 投稿日: 2018年03月30日 著者: 請園 正敏

生まれも育ちも東京で初めての関西暮らし。「落ち込んだりもするけれど,私,この街が好きです。」と言えるようにここでの思い出が増えていくといいなということで,奈良に行ってきました。

シカが可愛かった。神鹿のことは知ってましたが,奈良の飲み屋でできた新しい友人から教えてもらったことによると,交通事故等が発生したら,春日大社に最初に連絡しないといけないというルールがあるそうです。ローカルルールに詳しくなるのも,住んだものの特権でしょう。この話が本当なのかどうか知らないけど。

暖かくなってきたので,周辺色々と散策していきたいと思ってます。

  

開花宣言

  • 投稿日: 2018年03月23日 著者: 今川 恭子

東京は平年より9日早く開花宣言となりました。
本務校(聖心女子大学)から1年間の研修年を戴き、赤ちゃん学研究センターでお世話になりました。当初は京都に「ちょい住み」する予定だったのですが、さまざまな事情で、結局は東京と京都を往復する生活となりました。ちょこちょこ出入りする私でしたが、顔を出すたびにセンターの皆様には暖かく歓迎して戴き、楽しく有意義な1年間でした。
さて、開花宣言後の東京、本務校の研究室に足を運ぶと、あちこちで花が開き始めていました。写真は、聖心女子大の聖堂と満開のコブシ、枝垂桜です(3月19日撮影)。

冬の間、一見なりをひそめているように見える木々ですが、どの木もよく見ればしっかりと芽がついています。葉も花も見えない静かな時にこそ、次の準備をしていると教えられます(人間も同じだなあ…)。そして3月から4月にかけて、花芽を少しずつ大きくしながら虎視眈々と自己主張の日を待っていた桜が、今、一斉に「私はここに居ますよ、見て見て」と自己主張始めています。春は心が浮き立って元気が出る季節でもありますが、時々、春のパワーに負けそうになってしまう時もあります。そういうときは「芽」になって静かに次の準備をしよう…と自分に言い聞かせる春でもあります。

最後にもうひとつご紹介する写真は、研究と学びの大切なフィールドでもある野沢温泉村のこども園で撮った「冬と春」です。アングルは違いますが同じ桜の木とブランコがふたつの写真に共通して写っています。おわかりいただけるでしょうか。

赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
アクセス
リンク
メディア
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
アクセス
リンク
メディア


ページ
上部へ