Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ

赤ちゃん研究員募集

赤ちゃん研究員募集!

私たちは不思議な力に満ちた赤ちゃんの研究をさまざまな角度から行なっており、赤ちゃん調査にご協力いただけるお子様とその保護者の方を募集しています。 ぜひ、お気軽にご応募ください! ただ、各調査の内容に応じて、それぞれお願いしたい月齢が異なります。赤ちゃん研究では、研究の目的に応じて、ある月齢ぴったりの赤ちゃんにお願いする必要があります。そのため、それぞれの調査が実施できる時期・日程とお子さんの月齢がどうしても合わず、なかなか調査をお願いできないこともあります。 大変申し訳ありませんが、その場合は次の機会をお待ちいただければ幸いです。また、ご登録いただいた後は、赤ちゃん学研究センターで実施するイベントを随時ご案内いたしますので、その折にはぜひお気軽にご来館ください。

今回、当センターや赤ちゃん調査の模様を紹介するビデオを作成しました。 是非、ご覧ください。

ご自宅で行なっていただく調査(人見知りの遺伝子調査)

応募時月齢

生後4ヶ月〜7ヶ月未満の赤ちゃん

調査までの流れ

  • 【応募】 応募フォームまたは、電話(平日10時〜16時)でご応募ください。随時受け付けております。
  • 【場所】 ご自宅
  • 【調査方法】 アンケート(毎月1回メールをお送りいたします)および、爪切り後にお子様の爪をお送り下さい
  • 【登録】 こちらから確認のご連絡をさしあげて登録完了。
  • 【調査開始】生後4ケ月頃からメールによるアンケートにご回答いただき、サンプルをご送付いただきます。

募集中の調査

現在、調査を募集している研究一覧とその内容をご確認いただけます。自宅調査にご協力いただける場合、この「赤ちゃん研究員募集!」ページに戻っていただき、応募フォームでご応募ください。尚、今回募集中の調査対象月齢は、「赤ちゃん調査募集中」の“調査の対象月齢・年齢”と異なる場合があります。

募集中の調査一覧へ

応募フォーム

ご来館いただく調査

調査対象月齢

生後6ヶ月~11ヶ月未満の赤ちゃん

調査までの流れ

  • 【応募】 応募フォームまたは、電話(平日10時〜16時)でご応募ください。
  • 【登録】 こちらから確認のご連絡をさしあげて登録完了。
  • 【調査開始】月齢に応じてご協力いただきたい調査をご案内しますので、予定に合わせて無理のない範囲でご参加ください。
  • 【場所】同志社大学赤ちゃん学研究センター(〒619-0225 木津川市木津川台4−1−1 同志社大学学研都市キャンパス内)

    詳しい地図はこちらから

募集中の調査

現在、調査を募集している研究一覧とその内容をご確認いただけます。来館調査にご協力いただける場合、この「赤ちゃん研究員募集!」ページに戻っていただき、応募フォームでご応募ください。尚、今回募集中の調査対象月齢は、「赤ちゃん調査募集中」の“調査の対象月齢・年齢”と異なる場合があります。

募集中の調査一覧へ

応募フォーム

応募先

メールフォームでのご応募

入力必須項目となります。

保護者氏名
フリガナ
メールアドレス
(半角英数字)
電話番号
(半角英数字)
赤ちゃんの性別
赤ちゃんのお誕生日
選択するか、yyyy-mm-dd形式で入力下さい。
(例)2016年6月2日が誕生日の場合「2016-06-02」
調査方法
来館調査自宅での調査(人見知り)
ご応募のきっかけ
知人の紹介SNS広告その他
        (その他の場合)
ご了承ください
ご登録いただいた個人情報は、赤ちゃん調査に基づく赤ちゃん学の研究に利用するほか、赤ちゃん学研究センターが関係するイベント等のご案内に利用させていただきます。ご了承いただける場合は、下の「はい」にチェックをお願い致します。
    はいいいえ
ロボットでないことの確認 
現在入力いただいている内容が、人間により入力されているかどうかを確認するため、下記チェックボタンをチェックしてください。

* [上記内容で送信する] をクリックしていただくと、 akachan@mail.doshisha.ac.jp から受付完了の自動返信メールが届きます。
自動返信メールが届かない場合はメールアドレスの入力ミスか、ドメイン設定により否定されている可能性があります。
お手数ですがお電話でご連絡いただければ幸いです。

お問合わせ先

同志社大学赤ちゃん学研究センター TEL:0774−65−6864 (平日10時〜16時) 電子メール: akachan[at]mail.doshisha.ac.jp ※[at]を@マークへ変更してください。

よくあるご質問

時間はどのくらいかかるの?
ご来館いただく調査の所要時間は1時間程度です。
定期的に参加するの?1回だけ?
人見知りの調査は、お子様の人見知りが始まる頃(〜生後8ヶ月)から、1歳6ヶ月になるまで、毎月1度、かんたんなアンケートにお答えいただきます。その他の調査は、同じ研究内容の調査にはお一人1回のみご案内します。ただし、複数の研究を実施していますので、別の調査でもまたお声をかけさせていただくことがございます。
兄弟を連れて行ってもいいの?
どうぞご一緒にお越し下さい。ただし調査中はお母様以外は別室でお待ちいただくことになります。その間、私どものスタッフがご兄弟と一緒にお待ちします。
授乳、オムツ替えはできますか?
授乳、オムツ替えはゆっくりなさっていただけるように配慮しております。
車で行ってもいいですか?
駐車場がございます。お車でお越しいただく場合、進入路が少しわかりにくいため、事前にご説明いたします。
調査は土日もやっていますか?
申し訳ありませんが、来館調査は平日のみ実施しております。
交通費は出るのでしょうか?
調査に対する薄謝をお渡しいたしますが、交通費は自己負担となります。
<遺伝子>とは
「遺伝子」とは、「遺伝を決定する小単位」という科学的な言葉になります。人間の場合、約3万個の遺伝子が働いていますが、その本体は「DNA」という物質です。「DNA」はA,T,G,Cという四つの印(塩基)の連続した鎖です。印は、一つの細胞の中で約30億個あり、その印がいくつかつながって遺伝を司っています。 このつながりが遺伝子です。一つの細胞の中には約3万個の遺伝子が散らばって存在しています。 この遺伝情報を総称して「ゲノム」という言葉で表現することもあります。人間の体は、約60兆個の細胞から成り立っていますが、細胞のひとつひとつにすべての遺伝子が含まれています。 遺伝子には二つの重要な働きがあります。一つは、遺伝子が精密な「人体の設計図」であるという点です。受精した一つの細胞は、分裂を繰り返して増え、一個一個の細胞が、「これは目の細胞」、「これは腸の細胞」と決まりながら、最終的には約60兆個まで増えて人体を形作りますが、 その設計図はすべて遺伝子に含まれています。第二の重要な役割は「種の保存」です。両親から子供が生まれるのもやはり遺伝子の働きです。人類の祖先ができてから現在まで「人間」という種が保存されてきたのは、遺伝子の働きによっています。
遺伝子と人見知りの関係は?
こうした非常に大事な役割を持つ遺伝子の違いはさまざまな気質(性格)の原因となります。ある遺伝子に生まれつき違いがある場合には、 その違いが子、孫へと伝わってしまいます。この場合、遺伝する人見知りが出てくる可能性が生じます。 このように説明すると、遺伝子の変化が必ず人見知りを引き起こすと思われるかもしれませんが、 実際は遺伝子の変化が人見知りを引き起こすことはむしろきわめてまれなことと考えられています。 たとえば、一人一人の顔や指紋が違っているのと同じように人によって生まれつき遺伝子に違いが見られ、 その大部分は性格との直接の関わりがないことがわかってきました。 また、人体を形作る約60兆個の細胞では頻繁に遺伝子の変化が起こっていますが、そのほとんどは性格との関わりがありません。 遺伝子の変化のうちごく一部の変化のみが性格の形成に関係し、遺伝する人見知りとして気がつかれるのだと思われます。
どうやって遺伝子をしらべるの?
今回は、赤ちゃんの「爪」から遺伝子(DNA)を取り出し、型をしらべます。この調査のために、急いで爪を切って頂く必要は全くありません。 通常のお手入れで切った赤ちゃんの爪を、同志社大学・赤ちゃん学研究センターまでご郵送下さい。爪をご郵送頂くのは「1度きり」です。 万が一、十分な量のDNAが取り出せない場合は、再度ご郵送頂くことがありますので、できるだけ最初に全ての指の爪をお送りください。 郵送料は全て私たち同志社大学・赤ちゃん学研究センターが負担しますのでご安心ください。また郵送方法などの詳細はご応募頂いた方にお知らせしております。
アンケートって?
インターネットを使って、赤ちゃんの「人見知り度」をチェックするアンケートです。だいたい1ヵ月おきにチェックしていただき、 お子様が1歳半(18ヵ月)になるまで変化を追いかけます。1回のチェックにかかる時間は1分なので、ご負担をかけません。 ※ アクセスサイトはお申し込み後にご案内しております。 ※ お名前ではなく、ID番号で答えて頂きますので、個人情報が外部に漏れる心配がありません。
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
アクセス
リンク
メディア
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
アクセス
リンク
メディア


ページ
上部へ