Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ

イベント, 講演会

公開シンポジウム「子育てと良心」(良心学研究センターと共催)を開催します

イベント
  • 開催期間 2018年11月29日 ~ 2018年11月29日

2018年11月29日(木)に、同志社大学 良心学研究センターと共催で、公開シンポジウム「子育てと良心」を開催いたします。

開催日時;2018年11月29日(木) 14:00〜16:00
開催場所;同志社大学 今出川キャンパス 同志社礼拝堂

どなたでもご参加いただけます。事前申し込み不要、参加費も無料です。

良心学研究センターは、現代世界における「良心」をめぐる課題を考察し、その応用可能性・実践可能性(統合知および実践知としての良心)を探求することを通じて、学際的な研究領域として「良心学」を構築することを目的としています。赤ちゃん学研究センターはヒトの起点である胎児期から乳児期にかけての行動、認知、身体の発達に関する基礎的な原理を明らかにすることによって「ヒト」から「人」へとかわる発達のメカニズムの解明を目指しています。2つのセンターの合同シンポジウムをどうぞお楽しみください。
【良心学研究センター ホームページ】

「小学校教科書の中に「良い子」はどう描かれてきたか -文化・歴史的考察から-」
塘 利枝子 先生(同志社女子大学 現代社会学部現代こども学科 教授)

文化や時代によって社会から求められる「良い子」像は異なります。本講演では、学校教育のなかで子どもの価値観形成に大きな役割を担っている小学校国語教科書を材料にして、教科書に反映された東アジアと欧州諸国の「良い子」像について比較分析した結果を紹介します。

「チンパンジーの子育て」
友永 雅己 先生(京都大学 霊長類研究所 教授)

ヒトに最も近縁な種と言われているチンパンジーの子育てについて、子どもの初期発達を軸に考えてみたい。発達初期の「わたし―あなた」の関係の成立時の発達的変化はヒトもチンパンジーも根本的に変わるところはない。ではそれ以後の発達の過程において明らかになる差異と類似点はどうだろうか。このあたりに焦点をあてて論じてみたい。

皆さまのご参加をお待ちしています。

けいはんな赤ちゃん学講座のご案内

イベント
  • 開催期間 2018年9月14日 ~ 2018年11月10日

けいはんなプラザを会場に、「けいはんな赤ちゃん学講座 ~赤ちゃんに大事な3つのこと~」を9月より開催します。
金曜日は赤ちゃんが育つ現場でお仕事にたずさわる方向け(全3回)、
土曜日はパパ・ママなど養育者の方向け(全3回)ですが、プレパパ・プレママも大歓迎です。
ぜひご参加ください。

【赤ちゃんが育つ現場でお仕事にたずさわる方向け】

参加無料・各回 定員(先着)40名
会場:けいはんなプラザ3階 「黄河」
●9月14日(金)18:30〜20:30
「赤ちゃんの”動く”はメッセージ」
講師:赤ちゃん学研究センター センター長、小児科医 小西行郎
●10月19日(金)18:30〜20:30
「赤ちゃんの”食べたい”はどこから?」
講師:滋賀県立大学 教授 上野有理
●11月9日(金)18:30〜20:30
「赤ちゃんの”眠り”と生活リズム」
講師:熊本大学 名誉教授、小児科医 三池輝久

参加には申込が必要です。
詳しくは下記チラシ内容をご確認ください。

【パパ・ママなど養育者の方向け】 

参加無料・各回 定員(先着)100名
会場:けいはんなプラザ3階 「ナイル」
☆ベビーカーを座席まで持ち込めて、授乳スペースも完備していますので、赤ちゃんと一緒に参加できます!☆
●9月15日(土)10:00〜11:30
「赤ちゃんが探るおなかの世界、そとの世界」
講師:赤ちゃん学研究センター センター長、小児科医 小西行郎
●10月20日(土)10:00〜11:30
「赤ちゃんといっしょに『いただきます!』」
講師:滋賀県立大学 教授 上野有理
●11月10日(土)10:00〜11:30
「”寝る子は育つ”の深い意味」
講師:熊本大学 名誉教授、小児科医 三池輝久

参加には申込が必要です。
詳しくは下記チラシ内容をご確認ください。

平成29年度 赤ちゃん学基礎講座(第5回目)

講演会
  • 開催期間 2017年12月14日 ~ 2017年12月14日

日程 2017年12月14日(木) 18:00~20:00
場所 同志社大学 学研都市キャンパス 快風館
講師 三池 輝久 熊本大学 名誉教授/兵庫県立子どもの睡眠と発達医療センター 参与、小児科医
   「子どもの脳を創り・育て・守る睡眠 ~生活リズムと生体リズム」

誰もが通ってきた道ながら、いまだに解明されていない胎児から始まる成長・発達のメカニズムの研究は、多岐にわたる分野が融合しなければ進むことができません。企業の力、行政の力のよる牽引や後押しも必要です。赤ちゃん学の“赤ちゃん”とは「ヒトのはじまり」を象徴しています。
同志社大学赤ちゃん学研究センターは、赤ちゃん学の研究者のハブとして、文科省の『共同利用・共同研拠点』に認定されています。けいはんなでもそのネットワークを広げるために、「ヒトのはじまり」の最前線の研究について専門家にご紹介いただき、その後、小西行郎センター長とそれぞれのテーマについて議論します。
詳しくは 平成29年度 赤ちゃん学基礎講座 をご覧ください。

平成29年度 赤ちゃん学基礎講座(第4回目)

講演会
  • 開催期間 2017年11月30日 ~ 2017年11月30日

日程 2017年11月30日(木) 18:00~20:00
場所 同志社大学 学研都市キャンパス 快風館
講師 浅田 稔 大阪大学大学院工学研究科 教授
   「みずから発達するロボットの設計 ~真のAIをめざして」

誰もが通ってきた道ながら、いまだに解明されていない胎児から始まる成長・発達のメカニズムの研究は、多岐にわたる分野が融合しなければ進むことができません。企業の力、行政の力のよる牽引や後押しも必要です。赤ちゃん学の“赤ちゃん”とは「ヒトのはじまり」を象徴しています。
同志社大学赤ちゃん学研究センターは、赤ちゃん学の研究者のハブとして、文科省の『共同利用・共同研拠点』に認定されています。けいはんなでもそのネットワークを広げるために、「ヒトのはじまり」の最前線の研究について専門家にご紹介いただき、その後、小西行郎センター長とそれぞれのテーマについて議論します。
詳しくは平成29年度 赤ちゃん学基礎講座をご覧ください。

同志社講座「発達障害の子どもを理解する」

講演会
  • 開催期間 2017年12月8日 ~ 2017年12月8日

日程 2017年12月8日(金) 19:00~20:30
場所 同志社大学東京サテライト・キャンパス セミナー室
講師 小西 行郎 同志社大学赤ちゃん学研究センター長/教授
   熊谷 晋一郎 東京大学先端科学技術研究センター 准教授

発達とは何か。発達を障害するものとは? 障害とは誰にとってなのか。発達障害は少しでも早く療育を始めることが何より重要であると考えられているが、本当にそうなのだろうか。発達障害をもつ子どもたちの医療を行う中で、私は早期発見・早期療育の目的について何か違和感を覚えていた。こうした子どもへの療育は、まずは彼らが何に苦しみ、何を悩み、彼ら自身がどうやってそれを解決していこうとしているのかを知ることからではないだろうか。障害を持つ本人が、似た困難をもつ仲間とともに自分の困難について研究する「当事者研究」をテーマに研究されている熊谷先生と出会ってから、私はこの方法を取り入れていくことでしか発達障害をもつ方たちの気持ちは理解できないと考えている。当事者研究の第一人者でもある熊谷先生と討論し、理解の道筋を探っていきたい。
推薦図書『: 発達障害の子どもを理解する』(小西行郎 集英社2011)『発達障害当事者研究―ゆっくりていねいにつながりたい』(綾屋紗月・熊谷晋一郎 医学書院2008)『リハビリの夜(シリーズケアをひらく)』(熊谷晋一郎 医学書院2009)

詳しくは同志社講座2017 秋学期 「Doshisha Evening Academy」をご覧ください。

赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
アクセス
リンク
メディア
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
アクセス
リンク
メディア


ページ
上部へ