報告, イベント

赤ちゃん学カフェ(第17回)の報告

報告
  • 開催期間 2020年2月6日 ~ 2020年2月6日

2020年2月6日10時より同志社大学赤ちゃん学研究センターにて赤ちゃん学カフェを開催しました。

今回はよちよち歩きぐらいまでの、かわいいお子さんがたくさん参加してくれて、アットホームな雰囲気の中、「あなたとわたしはともだち?-赤ちゃんにとってのリズム運動とシンクロ」というタイトルで当センターの特別研究員である奥野晶子さんよりお話しをさせていただきました。

シンクロ(同期)は、相手と何かをする時に自分の行動を相手に合わせて調整する必要があり、人とコミュニケーションを取るためには必要なものであります。シンクロは親子のやりとりの中でもアイコンタクトといった行動レベルや、心拍や脳波といった生物学的レベルでも多くみられ、赤ちゃんの成長とともにより複雑なものへと変化していくとのことでした。

お話の中間にシンクロの実践とブレイクを兼ねて、お母さんのお膝に赤ちゃんを抱え、「もしもしかめよ」のリズムに合わせて歌いながら揺らしみんなでシンクロを実感してみました。

最後に奥野さんがセンターで行った視線計測の結果の報告がありました。赤ちゃんは動きのシンクロから第三者同志が“なかま”や“ともだち”と認識できており、“ともだち”や“なかま”が泣いていたら、励ましにいくべきであると思っているのではないかと考えられているとのことでした。

皆さんからは、今まで意識していなかった「シンクロ」について改めて考えるいい機会になったとのご意見をいただきました。

講演中、スタッフは抱っこしたり、一緒に少し遊んだり、お子さんと和やかな時間を過ごすことができました。
当日はとても寒い日でしたが、たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。

第4回赤ちゃん学コロキウム「男性の育児休業取得を巡る心理学-“働くべきか育休[やす]むべきか,それが問題だ”-」のご案内

研究者向け
  • 開催期間 2020年2月15日 ~ 2020年2月15日

同志社大学赤ちゃん学研究センターでは、人の発達にかかわる様々な研究者を結びつけ、最新の赤ちゃん学の知見を得ていただき、情報共有の場となることを目指し、2016年度から「文部科学省認定 共同利用・共同研究拠点」の事業の一環として各分野の先生方を招いて講演会を行って参りました。

今回は、尾野 裕美先生(明星大学)、宮島 健先生(奈良大学)をお招きし、ご講演いただきます。

【日時】 2020年2月15日(土)14:00-16:00
【場所】 同志社大学 学研都市キャンパス快風館 赤ちゃん学研究センター
【テーマ】男性の育児休業取得を巡る心理学―“働くべきか育休[やす]むべきか,それが問題だ”-
男性の育児休業取得を応援する声が聞こえ始めて久しい今日この頃、社会のタテマエとは裏腹に、実際の取得率は低迷しているとも言われます。
お母さん・お父さん・赤ちゃん,みんなにやさしい社会の在り方を新進気鋭の社会心理学者,産業・組織心理学者と一緒に考えてみましょう。

【講演者】
・尾野 裕美(明星大学)
「仕事人間がイクメンに?―長期育休を取得した男性の内的変容―」
・宮島 健(奈良大学)
「男性による育児休業の取得を阻む心理的壁―多元的無知の視点から―」

※参加無料・事前申込不要です。
大学関係者、研究者、企業の方、一般の方、学生、どなたでもお気兼ねなくご参加ください。
※お子さま連れでのご参加もできますが(授乳・おむつ替えスペース有り)、プレイスペース等のご用意はございませんので予めご了承ください。

第17回赤ちゃん学カフェのご案内

イベント
  • 開催期間 2020年2月6日 ~ 2020年2月6日

第17回赤ちゃん学カフェを開催いたします。
日時:2020年2月6日(木) 10時~(1時間程度)
場所:同志社大学赤ちゃん学研究センター

今回は『あなたとわたしはともだち?-赤ちゃんにとってのリズム運動とシンクロ-』と題して、同志社大学赤ちゃん学研究センター 特別研究員の奥野晶子さんにお話しいただきます。

お申込み先など詳しくは以下のチラシをご覧ください。
皆さまのご参加をお待ちしております!

けいはんな赤ちゃん学講座2019「人のはじまりのサイエンス」のご案内

イベント
  • 開催期間 2019年12月14日 ~ 2020年2月29日

けいはんなプラザを会場に、けいはんな赤ちゃん学講座2019「人のはじまりのサイエンス」を12月より全3回開催します。

関西文化学術研究都市で進む「人のはじまり=赤ちゃん」に関する最新の研究を紹介しながら、パパ・ママたちを応援し、また赤ちゃんが育つ現場でお仕事に関わる方々や学生さんをはじめこれから子どもたちに関わろうと思っておられる方、医療関係の方、人がどのように人になるかに興味をお持ちの方など、たくさんの方々に赤ちゃんのことを知っていただけるよう「けいはんな赤ちゃん学講座」を開きます。

参加無料・定員 100名
会場:けいはんなプラザ3階 「ナイル」

●2019年12月14日(土)13:30〜15:30(申込締切12/12)
【「食べる」のはじまり】
講師:滋賀県立大学 教授 上野有理

●2020年1月25日(土)13:30〜15:30(申込締切1/23)
【心をみつける力】
講師:同志社大学赤ちゃん学研究センター センター長/専任フェロー(教授) 板倉昭二

●2020年2月29日(土)13:30〜15:30(申込締切2/27)
【「眠り」の役割」】
講師:熊本大学 名誉教授、小児科医 三池輝久

参加には申込が必要です。
参加申し込み方法等、下記チラシの情報をご覧ください。
※けいはんな学研都市活性化推進協議会への申込となります。


皆さまのご参加をお待ちしております。

エコチルカフェ@ガーデンモールを開催しました。

イベント
  • 開催期間 2019年11月16日 ~ 2019年11月16日

11月16日(土)木津川市州見台のガーデンモール木津川で、エコチルカフェを開催しました。

前半はパフォーマンスサークル「S H I K I B U」さんのショー
きちんとお座りして、拍手喝采してくれました。

皿回し体験コーナーでは、お父さん、お母さんもチャレンジ、子どもたちは何度もトライして上手に回せるようになりました。

後半はびっくりばこ作り。
小さなお子さんはお母さん、お父さん、スタッフと一緒に、小学生はもくもくと、みんな、工夫をこらしたデコレーションをして、ステキなびっくりばこが完成しました。

さぁ、カウントダウン!「5・4・3・2・1・じゃーん!」って、何度も、中身が飛び出す遊びをしてくれました。

合間には手作りゲームでスタッフと対戦!

エコチル調査参加者の方々とは、「ひさしぶり〜。背が伸びたね!!」「来年は小学校やね。」などど、再会を喜び合い、エコチル調査をご存知ない皆様には、地元で実施している調査として、調査の目的やどんなことをしているのかなどの説明をさせていただきました。
まだまだ続くエコチル調査を、地域の皆さまに応援していただけるように、これからも出張エコチルカフェを開催したいと思います。

赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア


ページ
上部へ