色の好みはなにによって決まるの?

色の好みはなにによって決まるの?

更新日: 2022/02/16
実施中自宅
調査期間 2022年3月7日 ~ 2024年3月31日
研究期間 2022年1月21日 ~ 2024年3月31日
調査の対象月齢・年齢 およそ6か月
募集時の調査の名称 色の好みの発達
研究の名称(研究計画書の研究課題名) 乳児における色選好の性差とその生物学的基盤に関するオンライン研究
担当研究者 入口真夕子(琉球大学)・土居裕和(国士舘大学)・加藤正晴
調査の実施場所 自宅

目的
私たちは色に対して好みがありますが、その色の好みは生まれつきあるのか、または、成長や経験を通して色の好みを持つのかは未だ明らかになっていません。この研究では、生後まだ経験が少ない赤ちゃんを対象に調査を実施することで、この疑問を明らかにします。

方法・計画
1. オンライン(Zoomミーティング)上で、色のついた映像を数分間赤ちゃんに見てもらいます。その間、赤ちゃんの様子を録画させていただき、赤ちゃんがどの画像を長く見ているかを調べます。課題の説明等を含め30分程度を予定しています(前後する場合があります)。
2. スタンプ台を使用し、赤ちゃんの手形を作成していただきます。手の指の長さの比は性別に関連していることが知られています。作成いただいた手形から手の指の長さの比を調べます。
3. 赤ちゃんが日常よく過ごす部屋、洋服やおもちゃを写真撮影していただきます。
4. 赤ちゃんに関する質問紙に回答していただきます。

成果
この研究により、色の好みは生まれつきあるのか、または、成長や経験を通して色の好みを持つのかを明らかにできると考えられます。また、赤ちゃんにどのような色の好みがあるのかを明らかにすることで、赤ちゃんに適した環境づくりに貢献できることを期待しています。

赤ちゃん研究員募集
研究機関向けページ
赤ちゃん研究員募集 研究機関向けページ
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア


ページ
上部へ