Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ

研究会, 報告, 講演会

第14回定期セミナーを開催しました(報告)

研究会
  • 開催期間 2019年2月28日 ~ 2019年2月28日

2019年2月28日 第14回定期セミナーを開催しました。
定期セミナーは、人の発達にかかわる様々な研究者を結びつけ、最新の赤ちゃん学の知見を得ていただき、情報共有の場となることを目指し、2016年度から文部科学省認定 共同利用・共同研究拠点の事業の一環として行っています。

今回は、高橋 翠先生(東京大学大学院教育学研究科 附属 発達保育実践政策学センター(Cedep)特定助教)、佐治 量哉先生(玉川大学大学院 脳科学研究科 准教授/赤ちゃんラボ 研究員)をお招きし、それぞれの赤ちゃん研究拠点での研究についてご講演いただきました。

髙橋先生に講演いただいた「我が国の乳児保育の実態と課題を探る~全国保育・幼児教育施設大規模調査結果から~」では、まず「保育の質」とは子どもの幸福や発達を中核とした多層構造を成していること、保育者、園、国や自治体等の行政が相関して多層システム全体が上手く機能することでもたらされるものであることをお話しいただきました。その上で、2015年度末に実施された「全国保育・幼児教育施設大規模調査」の結果からみえてきた、日本の保育の実態と課題、そして、今後の「保育の質」の向上のために保育者を取り巻く労働環境の改善や保護者・地域の参画が重要であることを聞かせていただきました。

 

セミナーの後半は、佐治先生に「見た目ではわからない赤ちゃんの眠り~睡眠脳波研究が拓く生後1年間の眠り~」をテーマにお話いただきました。
赤ちゃんの眠りには、生物種を超えて哺乳類に共通する眠りのスタイルと、ヒトに特有な眠りのスタイルの2つが共存していること。生後1年間の赤ちゃんの眠りは、これらが時間的・内容的に巧みに組み合わさっていくことをお話され、その生後1年間の眠りを睡眠脳波研究の立場から分析した結果をご紹介いただきました。
「眠り」は、目に見えない土壌のような役割を持ち、赤ちゃんの発育・発達に重要な役割を果たすこと、そして良い睡眠のために環境を整えてあげることの必要性についてご提案くださりました。

今年度開催の定期セミナーは今回が最終となります。今年度開催した4回の定期セミナーと合同シンポジウムでは、多様な分野の先生方にご講演いただき、また研究者、保育・医療の現場でお仕事をされている方、赤ちゃんを連れた保護者の方など、様々な立場の皆さまにご参加いただきました。ありがとうございました。
このような基礎研究と実際の現場とが交流する場となる機会を、今後も企画していきたいと思います。

赤ちゃん学カフェ(第12回)「子どもは自分のことをどう見ているのでしょう」の報告

報告
  • 開催期間 2019年2月23日 ~ 2019年2月23日

2月23日(土)に第12回赤ちゃん学カフェを開催しました。春の訪れを感じる暖かな日差しの中、たくさんの方にご参加いただきました。

今回は心理学を専門とする箕浦有希久さんに『子どもは自分のことをどう見ているのでしょう~自尊感情について考える~』をテーマに、「自尊感情ってなに?」というところからお話を始めていただきました。箕浦さんが研究を進めている「自尊感情の尺度」についてお話は続き、最後には参加して下さった方々に、ワークシートを体験していただきました。
アンケートには、「どのように子どもにかかわれば良いのか、ヒントをいただきました。」 「ワークシートを体験したことで、日ごろ意識していなかった点から子どものことを振り返ることができました。」などの感想をいただきました。


お子さんたちには、ちょっとしたお楽しみを準備しました。隣の部屋で「ボウリング」や「さかな釣りゲーム」「缶バッジ作り」「わなげ」などをして、一緒に楽しい時間を過ごすことができました。
こんなかわいい缶バッジが出来上がりました!!

赤ちゃん学カフェ(第11回)「お子さんのリズムを感じてみませんか?」の報告

報告
  • 開催期間 2018年12月12日 ~ 2018年12月12日

2018年12月12日に第11回赤ちゃん学カフェを開催しました。
約30組の親子の方々や赤ちゃん学に興味をお持ちの方にご来館いただき、にぎやかで楽しい会になりました。

今回は埼玉大学名誉教授で当センター嘱託研究員の志村洋子先生を講師に迎え、赤ちゃんと音の関係についての講演会でした。スライドを使った講義から始まり、子どもたちが会場に慣れてきたところで、子どもとリズムで遊ぶ為のウォーミングアップの歌の紹介、そして実際に楽器や音のなるおもちゃを使って、親子でリズム遊びという流れで行なわれました。

講義では、子どもの耳は16歳くらいまでかけてようやく大人の聞こえに近くなるので、未完成な子どもの耳では大人のように色々な音があふれた中で必要な聞きたい内容を選択することが難しく、子どもの耳の成長を大切に見守らなければならいというお話と、乳児にはただ音やリズムを与えるのではなく、大人と乳児が同じ音やリズムを共有することによって気持ちが共感できるという研究結果の紹介などがありました。

講義の後は、音のなるおもちゃ遊びの時間。先生からの大切なアドバイスは、「子どもが選ぶのを待つ。」、「子どもに音の鳴らし方を教えない。」、子どもたちは自分でおもちゃを選び、ふったり、おしたり、たたいたりして、音やリズムを楽しんでいました。大人はつい、先回りして教えてしまいがちですが、好きなようにして実際に音が出た時、子どもたちはとても嬉しそうな表情をしていました。最後はみんなで「手をたたきましょう」を歌い、今回の赤ちゃん学カフェは和やかに閉会しました。

ご参加下さった方より、「家と違う子どもの行動の発見があった」、「とても大切なことが聞けて良かった」「家庭での音の環境に気をつけようと思った」などのご意見をいただきました。
たくさんの方にご参加いただきありがとうございました。

良心学研究センターとの合同公開シンポジウム「子育てと良心」を開催しました(報告)

研究会
  • 開催期間 2018年11月29日 ~ 2018年11月29日

2018年11月29日 良心学研究センターと共催で、公開シンポジウム「子育てと良心」を開催しました。

今回のシンポジウムでは、同志社女子大学 塘利枝子先生と京都大学 霊長類研究所 友永雅己先生をお迎えし、子どもの発達過程において求められる「良い子」の姿を多角的にとらえると同時に、人間の子育ての特徴を知るために、ヒトとチンパンジーの子育ての差異と類似点に着目しました。子育てを大きな視点から理解し、子育てにおける「良心」の役割を共に考えました。

塘先生には「小学校教科書の中に「良い子」はどう描かれてきたか -文化・歴史的考察から-」をテーマに、各国、各時代の国語の教科書の事例を紹介しながら、背後にある社会が子どもに期待する「良い子」の姿が教科書の中に反映されていること、その「良い子」の姿は国や文化によって異なり、社会・経済状況の影響を受けて変化していることをご講演いただきました。家族の多様化、グローバル化が進んでいく中、こうあるべきという理想像だけでなく、多様性を見せていくことが日本の次の世代の教科書には必要ではないか、というお話には参加者アンケートでも賛同の声をいただきました。

友永先生は、「チンパンジーの子育て‐比較認知発達科学の視点から-」という演題で、チンパンジーの認知と行動の発達、また、霊長類研究所での実際のチンパンジーの動画などをご紹介いただきながら、人工飼育下で育ち、「子育て」を見て、学ぶ機会のなかったチンパンジーに現れる育児困難とその改善への取組みについてお話いただきました。
チンパンジーは教えようとして教えないけれども人間は意図的に教えようとする。その違いがあるにもかかわらず、チンパンジーにも「見て 学んで」受け継がれた文化があり、それが失われると、できない行動がでてくる。子育てもそのうちの一つではないか、という話を興味深く聞かせていただきました。

講演の後には、講師と本学心理学部 教授で同志社小学校 校長の内山教授、良心学研究センターの小原センター長、赤ちゃん学研究センター 加藤准教授とのパネルディスカッションが行われました。また、会場の参加者からも質問が多く上がり、活発なディスカッションが展開されました。

最後に、良心学研究センター 小原センター長が「今日のシンポジウムで結論が導き出されたのではなく、我々が考え続けなければならない課題を共有できたことが大事だと思う。同志社創立143周年の日に、新島襄が願ったことと今日の議論と重ねて考え、規範性のみを重視するだけの教育ではなく、少し踏み出せる自由度を持った学生やこどもをどのように育てていくことができるのかを、両センターが考え、研究し、その成果を皆さんとシェアできる今日のような機会を今後も持ち続けていきたい」と総括しました。

シンポジウムの模様は、YouTube良心学研究センターチャンネルにてご覧いただけます。

次回は2月に赤ちゃん学研究センターにて定期セミナーを開催する予定です。詳細が決定しましたら、当ホームページにてお知らせいたします。ぜひお越しください。

第13回定期セミナーを開催しました(報告)

研究会
  • 開催期間 2018年10月4日 ~ 2018年10月4日

2018年10月4日 第13回定期セミナーを開催しました。
定期セミナーは、人の発達にかかわる様々な研究者を結びつけ、最新の赤ちゃん学の知見を得ていただき、情報共有の場となることを目指し、2016年度から「文部科学省認定 共同利用・共同研究拠点」の事業の一環として行っています。

今回は、「赤ちゃんの発達」に発達検査、臨床、基礎研究を通して関わってこられた、京都国際社会福祉センター発達研究所研究員 大谷多加志先生をお迎えして、「赤ちゃんのそだちをどう見るのか 〜発達評価、発達アセスメントの視点から〜」をテーマに開催しました。

乳幼児健診等で行われる発達検査は「平均的な発達」を基準としていますが、時代や生活環境によって「平均的な発達」は変化していきます。現代に合った発達検査の作成のため、現在、赤ちゃん学研究センターで共同研究「現代の乳児の平均的な発達についての調査(新版K式発達検査改訂版作成のための研究)」を行っていらっしゃる大谷先生。今回のセミナーでは、「発達検査」がどんなものなのか、何がわかるのかを、具体的な事例を出しながら説明くださいました。
随所に、クイズや、先生のお子さんが発達検査を受けている様子の動画を挟みながらセミナーが進行され、参加者からは笑い声もおこり、和やかな雰囲気に会場は包まれました。

発達検査は子どもの育ちを数値化し評価するツールと捉えられることがあるが、それだけではないことを知ってもらいたい。子どもの一般的な発達の順序や理論を知っておくことも重要ではあるが、目の前の子どもをひとりひとり丁寧に見ていくこと、また「ひとりだけ」「親だけ」ではなく、「たくさんの人の目・場所」で子どもの育ちを見ていくことの大切さをお話しいただきました。

今回はセミナーの開始時間を18時とさせていただきました。遅い時間のスタートではありましたが、自治体の保健師の方、発達支援の現場に関わられている方などが、お仕事が終わられた後に大勢お越しくださり、「ていねいな説明で、乳幼児の発達についての理解が深まりました。」「とても参考になりました。乳幼児健診の場でも今日得た知識をお母さんたちに教えたいです。」などの感想をいただきました。

次回は、良心学研究センターとの合同シンポジウムを2018年11月29日(木)、今出川キャンパス 同志社礼拝堂にて行います。同志社女子大学 現代社会学部 現代子ども学科の塘 利枝子先生、京都大学 霊長類研究所の友永 雅己先生をお迎えし、「子育てと良心」をテーマに開催する予定です。ぜひお越しください。

赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
アクセス
リンク
メディア
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
アクセス
リンク
メディア


ページ
上部へ