ロボットがいる環境での子どもの様子

ロボットがいる環境での子どもの様子

更新日: 2020/11/30
募集中
調査期間 2020年12月4日 ~ 2021年3月31日
研究期間 2020年12月8日 ~ 2025年3月31日
調査の対象月齢・年齢 4歳
募集時の調査の名称 ロボットがいる環境での子どもの様子
研究の名称(研究計画書の研究課題名) ロボット環境との共生知能創出による乳幼児の社会性発達の支援
担当研究者 孟憲巍・板倉昭二・加藤正晴
調査の実施場所 同志社大学赤ちゃん学研究センター

目的
ロボット開発の広がりにより、ロボットはますます私たちの生活圏で見られるようになってきました。
発達段階にある子供たちは、この新しいテクノロジーをどうとらえているのでしょうか。今回は就学前の子供たちを対象に、小さな対話型ロボット型3台とお子さんがゲームをしながらロボットから受ける影響を調査観察します。

方法
調査では、お子さんに3台の卓上サイズの対話型ロボットと一緒にスクリーンに映った動物のスライドを見ていただきます。
それぞれ大きさの違う動物のイラストと、その中のいずれかに当てはまるかを答えてもらう簡単なゲームをします。お子さんとロボットの対話の様子を調査観察させていただきます。

赤ちゃん研究員募集
研究機関向けページ
赤ちゃん研究員募集 研究機関向けページ
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア


ページ
上部へ