乳幼児期の名付け行動の調査

乳幼児期の名付け行動の調査

更新日: 2022/07/22
実施中
調査期間 2022年8月1日 ~ 2023年1月31日
研究期間 2022年4月23日 ~ 2026年3月31日
調査の対象月齢・年齢 2歳から5歳
募集時の調査の名称 乳幼児期の名付け行動の調査
研究の名称(研究計画書の研究課題名) 乳幼児での音と意味の結びつきの検討
担当研究者 小林耕太(同志社大学生命医科学研究科教授)、伊藤優樹*,渡邊智美* (M2),野口瑞生* (M2),川野雅名* (M1),今井裕大* (B4),宮田知佳* (B4)、加藤正晴(同志社大学赤ちゃん学研究センター)          * 生命医科学研究科 
調査の実施場所 同志社大学赤ちゃん学研究センター

目的
乳幼児の言語発達や認知に関する研究を行っています。その中でも、今回ご案内する研究は乳幼児がおもちゃや身の回りのモノを見た際に自分で名前をつける能力がどのように発達していくのかを探ることを目的としています。

方法
調査は大きく分けて3つ行います。まず一つ目ではお子さんの目の前にイラストを二枚置いて、聞こえてきた名前がどちらのイラストかを答えていただくクイズを行います。イメージとしましては、カルタに近い遊びだと思います。二つ目はお子さんにイラストを渡して自由に名前をつけてもらいます。最後の3つ目はお子さんに「あいうえお」の行などを発音してもらい録音を行ないます。これらの調査を通して、一般的に乳幼児が名前をつける際にどういった名前をつける傾向があるのかを調査したいと考えています。

赤ちゃん研究員募集
研究機関向けページ
赤ちゃん研究員募集 研究機関向けページ
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア


ページ
上部へ