赤ちゃんは絵画から立体感を得ているか?

赤ちゃんは絵画から立体感を得ているか?

更新日: 2022/03/23
実施中
調査期間 2022年3月22日 ~ 2026年3月31日
研究期間 2022年3月22日 ~ 2026年3月31日
調査の対象月齢・年齢 生後4か月から8か月の赤ちゃん・成人
募集時の調査の名称 赤ちゃんは絵画から立体感を得ているか?
研究の名称(研究計画書の研究課題名) 絵画鑑賞時の奥行き知覚メカニズムに関する発達的研究
担当研究者 森田磨里絵・板倉昭二
調査の実施場所 同志社大学赤ちゃん学研究センター

目的

絵画は平らなキャンバスに描かれているにもかかわらず,私達はそこから奥行き感を得ることができます。このような奥行きは,いつ頃からどのように見えるようになるのでしょうか。この研究では,画像を見ているときの視線を調べさせていただきます。

 

方法

4〜5か月,7~8か月のお子様を対象に,ディスプレイに表示される人物の顔や街並みの風景,建物,車などの画像を10分程度見ていただきます。そのとき,お子様が画像のどこをどの程度見ているかを記録します。

赤ちゃん研究員募集
研究機関向けページ
赤ちゃん研究員募集 研究機関向けページ
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア


ページ
上部へ