Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ

第12回定期セミナーを開催しました(報告)

  • ホーム
  • >  講演会・講習会・イベント

第12回定期セミナーを開催しました(報告)

研究会
  • 開催期間 2018年8月23日 ~ 2018年8月23日

2018年8月23日 第12回定期セミナーを開催しました。
定期セミナーは、人の発達にかかわる様々な研究者を結びつけ、最新の赤ちゃん学の知見を得ていただき、情報共有の場となることを目指し、2016年度から「文部科学省認定共同利用共同研究拠点」の事業の一環として行っています。

今回は、「ガンバの冒険シリーズ」の作者で、福音館書店編集者としても長年子どもの本の編集に携わってこられ、現在は幼児教育の現場でも活躍されている斎藤惇夫先生をお迎えして、「子どもの成長と絵本」をテーマに開催いたしました。

19世紀の終わりに誕生した近代絵本の代表作であるコールデコットのわらべうたの絵本3冊を、斎藤先生の奥さまの優しい朗読を挟みながら、紹介していただきました。
絵本誕生期のコールデコットの絵本に兼ね備えられている「絵として優れていること」、「物語として優れていること」、「ユーモアがあること」という、良い絵本の基本となる点について解説していただき、また、コールデコットの絵本に影響を受け登場したポター、ブルックの作品についてもご紹介いただきました。
講演の最後には、子どもが最初に出会う「絵本」がその後の人生においても影響を与えることを考え、世代を渡って読み継がれる名作を子どもたちと楽しんでください、と締めくくられました。

当日は台風20号が接近していましたが、たくさんの方に参加いただきました。会場には斎藤先生が所有していらっしゃる貴重な絵本が並べられ、参加者の皆さんは手に取って興味深そうにご覧になっていました。


参加者からは「絵本に描かれている絵の奥深さ、絵を読み取るおもしろさを感じました」「子どもたちには質の良い絵本を読み聞かせたいと思います」などの感想をいただき、有意義なセミナーとなりました。

次回の定期セミナーは2018年10月4日(木)、京都国際社会福祉センター発達研究所研究員で臨床心理士の大谷 多加志先生をお迎えして、「赤ちゃんのそだちをどう見るのか〜発達評価、発達アセスメントの視点から」をテーマに開催する予定です。
ぜひお越しください。

赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
アクセス
リンク
メディア
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
アクセス
リンク
メディア


ページ
上部へ