赤ちゃん学研究センター石橋研究員の論文が発表されました

  • ホーム
  • >  新着情報
  • >   赤ちゃん学研究センター石橋研究員の論文が発表されました

赤ちゃん学研究センター石橋研究員の論文が発表されました

  • 投稿日:2021年08月23日

当センター所属 石橋美香子特別研究員の論文が「Infant Behavior and Development」に掲載されました。

【タイトル】

 Children’s scale errors and object processing: Early evidence for cross-cultural differences

邦題:幼児のスケールエラーと物体処理における文化差

【著者】

Ishibashi, M., Twomey, K. E., Westermann, G., & Uehara, I

(石橋美香子,Katherine E Twomey, Gert Westermann, 上原泉)

【掲載雑誌】Infant Behavior and Development

論文はこちらからご覧ください。

【概要】スケールエラーとは、幼児が非常に小さな物体に自分の体を無理やり当てはめようとする行動を指します。しかしスケールエラーがなぜ起こるのかについては多くが分かっておりません。本研究では、日本と英国の幼児を対象に、スケールエラーと幼児の物体の特徴理解についての関係を調べました。その結果、英幼児は物体の特徴など細かな部分を見る傾向があり、また、その傾向とスケールエラーの生成に関連が示されました。一方、日幼児では物体の周辺などを見る傾向があり、その傾向とスケールエラーの生成との関連は示されませんでした。こうした物体処理の文化差がスケールエラー生成の違いとして反映されているのかもしれません。引き続きスケールエラーの生成が子どもの発達にどのように影響するのかを調べることで、スケールエラーの原因について明らかにして参りたいと思います。

赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア


ページ
上部へ