板倉センター長の共著論文がInfant and Child Development に掲載されました

  • ホーム
  • >  新着情報
  • >   板倉センター長の共著論文がInfant and Child Development に掲載されました

板倉センター長の共著論文がInfant and Child Development に掲載されました

       
  • 投稿日:2020年12月14日

この度、板倉センター長の共著論文がInfant and Child Development に掲載されました。

【タイトル】

Examining the social influence of reputation for partner productivity level on the collaborative task performance of young children

邦題:協働課題における年少児のパフォーマンスに与えるパートナーの生産性の社会的影響の検討

【著者】
Hamamoto, H., Mizobata, R., Ishikawa, M.,& Itakura, S.

【掲載誌】
Infant and Child Deveopment

論文はこちからご覧ください。

【概要】
年少児は、パートナーが高い生産性を持つ人物以外では、社会的な手抜きが生起することが示されました。また、相関分析によって、スティッカーを並べるという課題で、年少児のパフォーマンスは自分のパートナーのパフォーマンスレベルを反映することがわかりました。

 

赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア


ページ
上部へ