研究者向け

板倉センター長が日本インリアル研究会の公開講座で講演します

               
  • 投稿日:2022年12月09日

板倉センター長が12月10日(土)、日本インリアル研究会の公開講座で「乳幼児期のコミュニケーションを支える認知発達」をテーマとして講演します。

ご興味のある方はこちらよりお申込みください。

板倉センター長が日本乳幼児教育学会第32回大会で講演しました

               
  • 投稿日:2022年12月05日

12月3日に、板倉センター長が、日本乳幼児教育学会第32回大会(オンライン開催)でシンポジストとして講演いたしました。

日本乳幼児教育学会 第32回大会

大阪大学の孟先生と板倉センター長の共著論文が出ました

               
  • 投稿日:2022年11月11日

この度、大阪大学の孟先生と板倉センター長の共著論文がFrontiers in Psychology誌に掲載されました。

【タイトル】A cross-cultural investigation of people’s intuitive beliefs about the origins of cognition
邦題:認知能力の獲得に関する我々の認識 ー文化比較の視点からー

【著者】孟憲巍・Jinjing Jenny Wang・石黒浩・吉川雄一郎・板倉昭二

【掲載誌】Frontiers in Psychology

論文はこちらからご覧ください。

【概要】
本研究では、日米の大人を対象に、色の識別などの子どもの認知能力の出現時期とその理由についての調査をおこないました。その結果、いずれの文化でも、大人は実際の出現時期(これまでの研究で示された出現時期)よりも遅く出現すると推定していること、そしてそれらの認知能力が学習の結果であると考えていることを世界で初めて明らかにしました。「氏か育ちか」の議論は古くからなされていますが、現代社会では大人は「育ち」の部分を実際の発達よりも評価しており、大人が思う子どもの姿と科学的研究で示された子どもの姿にズレがあることが本研究によって明らかになりました。このようなズレを意識することは、科学的な子ども観に基づいた研究や子育て、学校教育などに参加するうえで役立つことが期待されます。

2023年度 第8回計画共同研究公募について

               
  • 投稿日:2022年10月30日

赤ちゃん学研究センターでは、「2023年度 第8回計画共同研究」の公募を下記日程で行います11/6まで延期いたしました。

また、「一般共同研究」は通年公募しております。

詳しくは「公募中の共同研究」のページをご覧ください。

板倉センター長が、St. Luke’s Medical Centerのシンポジウムで講演をしました

               
  • 投稿日:2022年10月25日

板倉センター長が、10月25日、St. Luke’s Medical Centerのシンポジウムで講演をしました。

赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア


ページ
上部へ