研究者向け

山口将典特別研究員の論文がCognitive Development誌に掲載されました

               
  • 投稿日:2022年08月01日

この度、赤ちゃん学研究センターの山口将典研究員の論文がCognitive Development誌に掲載されました。

【タイトル】
Individual differences in children’s anthropomorphic tendencies to their special objects

【著者】
MasanoriYamaguchi、MengXianwei、MikakoIshibashi、YusukeMoriguchi、HisashiMitsuishi、ShojiItakura

【掲載誌】
Cognitive Development
 論文はこちらからご覧ください。
 2022年9月18日まではオンラインで全文公開しています。

【概要】
この研究では55組の親子にご協力いただき,ぬいぐるみに対して心を感じるのか,そうした傾向はどのように発達するのかを調べました。その結果,見知らぬぬいぐるみよりも,普段遊びで使っているぬいぐるみに対してより心を感じやすいこと,さらに親がぬいぐるみの心に言及することが多いと,その子どももぬいぐるみに心があると感じやすいことがわかりました。この結果は,子どもが養育者との何気ない日常的な会話からさまざまなことを学んでいることを示唆しています。

【共同利用・共同研究拠点】4拠点連携シンポジウム開催のお知らせ

               
  • 投稿日:2022年07月15日

文部科学省共同利用・共同研究拠点に認定されている、同志社大学赤ちゃん学研究センター・昭和大学発達障害医療研究所・玉川大学脳科学研究所・生理学研究所が合同で、社会性研究に関する4拠点連携シンポジウムを2022年7月29日(金)に、オンラインにて開催します。

※こちらは関係者に向けて開催されるシンポジウムとなります。

2023年度 第8回計画共同研究公募について

               
  • 投稿日:2022年07月01日

赤ちゃん学研究センターでは、「2023年度 第8回計画共同研究」の公募を下記日程で行います。

また、「一般共同研究」は通年公募しております。

詳しくは「共同研究公募事業」のページをご覧ください。

赤ちゃん学研究センターとドイツのテュービンゲン大学との共同研究の成果が発表されました

               
  • 投稿日:2022年06月13日

この度、赤ちゃん学研究センターとドイツのテュービンゲン大学との共同研究の成果が、スペインで開催されたWorkshop on Infant Language development(WILD)で発表されました。

【タイトル】Infants’ social preference for artificially sounding native speakers and robot agents

【概要】乳児は、自然音声(ヒトの音声)で話すロボットと人工的な音声で話すロボットのどちらに社会的選好を示すかを調べました。

【発表者】Bauch, A. ,Itakura, S. & Friedrich, C.

詳細はこちらをご覧ください。

コロナ特別研究課題の成果発表動画を公開しました

               
  • 投稿日:2022年06月09日

赤ちゃん学研究センターでは、計画共同研究の特設枠として2021年度も「赤ちゃん学に関連する新型コロナウイルス感染症に係る研究課題」を公募し、4件の課題が採択されました。その成果発表動画を公開しましたのでご覧ください。

動画はこちらから

赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア


ページ
上部へ