過去の記事

イギリス、ロンドン大学バークベック校のチームと板倉センター長の共著論文が、Infant Behavior and Developmentに掲載されました

この度、イギリス、ロンドン大学バークベック校のチームと板倉センター長の共著論文が、Infant Behavior and Developmentに掲載されました。

【タイトル】

Cultural influences on face scanning are consistent across infancy and adulthood

邦題:「顔スキャニングの影響は、乳児期から成年期にわたって一貫している」

【著者】

Jennifer X. Haensel a,*, Mitsuhiko Ishikawa b, Shoji Itakura c, Tim J. Smith a,Atsushi Senju

【掲載誌】

Infant Behavior and Development

論文はこちらからご覧ください。

【概要】

本研究は、イギリスおよび日本の乳児と成人を対象に、静止画とダイナミックフェイス(動きのある顔)を呈示し、スキャニングのパターンを分析したものです。その結果、顔のスキャンニングパターンの文化差は、すでに生後1歳までに現れることが分かりました。

 

 

Europen Reserach Council、ドイツチームと板倉センター長の共著論文が発表されました

この度、Europen Reserach Council、ドイツチームと板倉センター長の共著論文が「Consciousness and Cognition」に掲載されました。

【論文タイトル】
Metacognition and mindreading in young children: A cross-cultural study

【共著者】
Sunae Kim、Beate Sodian、Markus Paulus、Atsushi Senju、Akiko Okuno、Mika Ueno、Shoji Itakura、Joélle Proust

【掲載誌】
Consciousness and Cognition

論文はこちらからご覧ください。

【紹介】
ドイツと日本の幼児を対象に、メタ認知とマインドリーディングの関係を文化比較の観点から検討した。従来、メタ認知とマインドリーディングの関係が言われてきたが、本研究では、そうした関係は見いだせなかった。また、メタ認知は、両国間で差はなかった。

板倉センター長が 四国大学にて講演いたします(11/12)

2020年11月12日(木)、板倉センター長が四国大学の赤ちゃん学を学ぶ会にて講演をいたします。
赤ちゃんの心の発達をテーマとして、比較認知発達科学の視点から赤ちゃんがどうやって”こころ”を育んでいくのかを解き明かします。

詳細はこちらをご覧ください。

「発達障害児をもつ親のストレスや家族関係に関するアンケート調査のお願い」

同志社大学赤ちゃん学研究センターの一般共同研究で、神戸大学大学院人間発達環境学研究科の博士前期課程2年生 鈴木田英里さんの研究課題が採択されましたので、ご紹介させていただきます。

興味のある方のご参加・興味のありそうな方へのご紹介など、是非よろしくお願いいたします。


以上の説明をお読みいただき、調査協力に同意していただける方は、下記のURLからアンケートにご回答いただけますと幸いです。
アンケートURL:https://forms.gle/CUiUpiYUY6HDBUXX9

<回答方法>
① 上記のURLから回答フォームにアクセスしてください。
② 画面の指示に従って「ペア番号」を作成し、入力してください。父母でご回答いただく場合は同じ番号となりますので、ご注意ください。
③ 画面の指示に従ってアンケートにご回答ください。
④ 「送信」をクリック、またはタップしていただくと、回答完了となります。
※父母でご回答いただける場合は、別の端末にてアクセスしていただくか、回答送信後に表示される「別の回答を送信」をクリックまたはタップして回答者を交代してご回答ください。

研究実施者
研究代表責任者:神戸大学大学院人間発達環境学研究科 准教授 山根隆宏
研究実施責任者:同研究科博士前期課程2年生 鈴木田英里(同志社大学心理学部卒)

<お問い合わせの方法>
本研究についてご不明な点がございましたら,下記の連絡先までご連絡ください。
・本案内に関する質問:maskato@mail.doshisha.ac.jp(同志社大学赤ちゃん学研究センター 准教授 加藤正晴)
・研究内容に関する質問:195d015d@stu.kobe-u.ac.jp(神戸大学大学院人間発達環境学研究科博士前期課程2年 鈴木田英里)

けいはんなR&Dフェア2020(11/5-11/7) パネルディスカッションに加藤准教授が登壇いたします

赤ちゃん学研究センターの加藤准教授が11/5、オンラインで開催されるけいはんなR&Dフェアでパネルディスカッションに登壇します。withコロナにおける赤ちゃん研究について話します。
あたらしいスーパーコンピュータ「富岳」についてや、小惑星探査機「はやぶさ」についての講演もあります!
参加費無料で一般公開されています(事前登録必要)のでご興味のある方はよろしくお願いいたします。

詳細はこちらをご覧ください。

赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア


ページ
上部へ