過去の記事

新型コロナウィルス感染症に係る特別研究課題の決定

赤ちゃん学研究センターでは、新型コロナウィルス感染症に係る特別研究課題
として、以下5課題の採択を決定いたしました。

関係者の皆様、多数のご応募ありがとうございました。

 

・Web支援システム構築のための新型コロナウィルス感染症が乳幼児と親をとり
まく育児環境の変化に及ぼす影響の実態調査

・感染拡大を抑制する社会的要因の同定

・日本における新型コロナウイルス感染症拡大が出生率にもたらす影響について
の研究

・新型コロナ感染症流行に伴う予防接種・乳幼児健診の受診の変化に関する実態
調査

・新型コロナ感染症によるNICUへの親の入室制限および遠隔看護の実態と親子
への影響

 

赤ちゃん学研究センターでは、その複合領域的な特長を生かし、様々な視点から
新型コロナウィルス感染症に関連する調査・研究を推進し、社会・地域の皆様に
情報発信できるよう努めてまいります。

詳細はこちらのページをご確認ください。

第18回赤ちゃん学カフェを開催いたします。

9月12日(土)・16日(水)にzoomを利用して、第18回赤ちゃん学カフェ『子どもを守る 眠りの力』を開催いたします。
詳しくはこちらをご覧ください。
皆さまのご参加をお待ちしております!

お休みのお知らせ

赤ちゃん学研究センターは、8月11日(火)~8月14日(金)の期間、同志社大学の夏季休暇にともない、センターもお休みとなります。

この期間は、赤ちゃん調査やその他に関するお問い合わせは、お手数ですが下記までメールにてお願いいたします。
電子メール:babys[at]akachan.doshisha.ac.jp ※[at]を@マークへ変更してください。

ご返信は、8月17日(月)以降となりますので、あらかじめご了承ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

赤ちゃん学に関連する新型コロナウイルス感染症に係る研究課題の公募【8/17締切】

赤ちゃん学研究センターでは、例年の計画共同研究の特設枠として新型コロナウイルス感染症に関する「特別研究課題」について、2020年8月1日~17日まで公募いたします。

また、「2021年度 第6回計画共同研究」については2020年9月1日より公募を開始いたします。

※「一般共同研究」については通年公募しております。

 

赤ちゃん調査(来館調査)再開についてのお知らせ 新型コロナウイルス感染症対策の基本方針<第1報>   

同志社大学赤ちゃん学研究センターでは新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から来館調査を休止しておりましたが、この度「来館調査における新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」を策定し、7月10日(金)より順次、調査を再開することになりました。

本センターの「来館調査における新型コロナウイルス感染症対策の基本方針<第1報>」はこちらをご覧ください。

 

また、本学の新型コロナウイルス感染症への対応は下記URL よりご覧ください。

https://www.doshisha.ac.jp/information/covid.html

 

 

赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア


ページ
上部へ