FY2019 業績

発表者 題名 学術誌/学会名 発表年
論文 Ikeda, A., Kobayashi, T., Itakura, S. Sensitivity to register selection errors 5-and 7-year-old children Developmental Psychology 2019
論文 Ishikawa, M., Yoshimura, M., Sato, H., Itakura, S. Effects of attentional behaviours on infant visual preferences and object choice Cognitive processing1-8 2019.4
論文 Park, Y. H., & Itakura, S. Causal Information Over Facial Expression:Modulation of Facial Expression Processing by Congruency and Causal Factor of the Liniguistic Cues in 5-Year-Old Japanese Children Journal of psycholinguistic research 1-18 2019.4
論文 小西行郎,豊浦麻記子,小西行彦,三池輝久 自閉症スペクトラム障害にあたらしい展開を 病児保育研究 第10号, 14-21 2019.7
論文 Yamamoto, H., Sato, A., & Itakura, S. Eye tracking in an everyday environment reveals the interpersonal distance that affords infant-parent gaze communication. Scientific Reports, 9(1), 1-9 2019.7
論文 Mako Okanda,Kosuke Taniguchi,Shoji Itakura The Role of Animism Tendencies and Empathy in Adult Evaluations of Robot. Proceedings of the 7th International Conference on Human-Agent Interaction, HAI 2019, Kyoto, Japan, October 06-10, 2019 51-58 2019.9
論文 ManyBabies Consortium. Quantifying sources of variability in infancy research using the infant-directed speech preference. Advances in Methods and Practices in Psychological Science 2019.9
論文 Meng X, Nakawake Y, Nitta H, Hashiya K, Moriguchi Y Space and rank: infants expect agents in higher position to be socially dominant. Proceedings. Biological sciences 286(1912) 20191674 2019.10
論文 Akiko Okuno, Thea R. Cameron-Faulkner & Anna L. Theakston Crosslinguistic Differences in the Encoding of Causality: Transitivity Preferences in English and Japanese Children and Adults. Language Learning and Development 1-28 2019.11
論文 Moriguchi, Y., Kanakogi, Y., Okumura, Y., Shinohara, I., Itakura, S., & Shimojo, S. Imaginary agents exist perceptually for children but not for adults. Palgrave Communications, 5(1), 1-9 2019.11
論文 Moriguchi, Y., Kanakoi, Y., Okumura, Y., Shinohara, I., Itakura S., & Shimojo, S. Imaginary agents exist perceptually for children but not for adults. PALGRAVE COMMUNICATIONS, 5:133 2019.11
論文 Meng X, Ishii T, Sugimoto K, Song R, Moriguchi Y, Watanabe K Smiling enemies: Young children better recall mean individuals who smile. Journal of experimental child psychology188 104672 2019.12
論文 Wang, Y., Park, YH., Henderson, A., Itakura, S., Furuhata, N., Kanda, T., & Ishiguro, H. Infants’ perceptions of cooperation between a human and robot. Infant and Child Development, e2161 2019.12
論文 Yamamoto, Y., Sato, A., Itakura, S. Transition From Crawling to Walking Changes Gaze Communication Space in Everyday Infant-Parent Interaction. Frontier in Psychology, V.10. article 2987 2020.1
論文 Okumura, Y., Kanakogi, Y., Kobayashi, T., & Itakura, S. Ostension affects infant learning more than attention. Cognition,195 2020.2
論文 Ishikawa, M., Senju A., & Itakura, S. Learning Process of Gaze Following:1Computational Modelling Based on Reinforcement Learning. Frontier in Psychology (in press)
論文 渡部基信 病院全職員を対象とした院内ハラスメントの実態調査 病院 79:146-152, 2020 2020.2
論文 小西行郎,豊浦麻記子,小西行彦,三池輝久 生体機能リズムの発達と自閉症スペクトラム障害 JOHNS Vol.35, No.7, 782-786 2019.7
講演・口頭発表等 木谷俊介,谷口康祐,箕浦有希久,請園正敏 対面コミュニケーションがロンバード効果に与える影響 聴覚研究会資料=Proceedings of the auditory research meeting 2019.6
講演・口頭発表等 渡部基信,谷口康祐,箕浦有希久,加藤正晴 木津川市子どもの睡眠リズム改善プロジェクト2018(1)保育園児の就寝時刻と生活習慣 日本赤ちゃん学会第19回学術集会 2019.7
講演・口頭発表等 箕浦有希久,谷口康祐,渡部基信,加藤正晴 木津川市子どもの睡眠リズム改善プロジェクト2018(2)3歳未満の乳幼児における睡眠リズムと気質の関連 日本赤ちゃん学会第19回学術集会 2019.7
講演・口頭発表等 谷口康祐,箕浦有希久,渡部基信,小西行郎,加藤正晴 木津川市子どもの睡眠リズム改善プロジェクト2018(3)睡眠リズムと運動・認知の発達の関連 日本赤ちゃん学会第19回学術集会 2019.7
講演・口頭発表等 奥野晶子,加藤正晴,板倉昭二 木津川市子どもの睡眠リズム改善プロジェクト2018(4)子どもの睡眠と口元の動きを手掛かりとした視聴覚情報の同期性の知覚 日本赤ちゃん学会第19回学術集会 2019.7
講演・口頭発表等 孟憲巍,中分遥,新田博司,橋彌和秀,森口佑介 社会的優位性の空間表象とその初期発達 日本赤ちゃん学会第19回学術集会 2019.7
講演・口頭発表等 Kosuke Taniguchi, Kana Kuraguchi, Yukuo Konishi Do ‘No’ response arise from the same processing as ‘Yes’?: A two-stage model for object detecton using fragmented contours 15th Asia-Pacific Conference on Vision 2019.7
講演・口頭発表等 大神田麻子,谷口康祐 CHILDREN’S RESPONSE TENDENCIES TO A HUMANOID ROBOT 日本赤ちゃん学会第19回学術集会 2019.7
講演・口頭発表等 Masaharu Kato, Makiko Toyoura, Kyoichi Amagami, Yasuko Funabiki, Yukuo Konishi Face scanning pattern of individuals with ASD changes after the treatment of sleep disorder European Conference on Eye Movements 2019.8
講演・口頭発表等 加藤正晴、中島七海、寺田千沙子、竹原卓真、嶋田(源)容子、木谷俊介 図と地課題および競合語課題を用いた選択的聴取能力の発達 日本心理学会第83回大会 2019.9
講演・口頭発表等 加藤正晴 “子ども達の睡眠時の生理指標の測定”, in 公募シンポジウム 生理学的指標を用いた発達研究・動物研究 日本心理学会第83回大会 2019.9
講演・口頭発表等 大神田麻子,谷口康祐 ロボットは男の子? 日本人におけるロボットの性別観の発達 日本心理学会第83回大会 2019.9
講演・口頭発表等 谷口康祐,箕浦有希久,渡部基信,小西行郎,加藤正晴 幼児における姿勢制御と空間認知の関連 日本心理学会第83回大会 2019.9
講演・口頭発表等 奥野晶子,加藤正晴,板倉昭二 子どもの睡眠と視聴覚情報の同期性の知覚と視聴覚統合の関係 日本心理学会第83回大会 2019.9
講演・口頭発表等 孟憲巍,森口佑介 幼児の分配行動に抑制機能がもたらす影響 日本心理学会第83回大会 2019.9
講演・口頭発表等 箕浦有希久,成田健一 2項目自尊感情尺度(Two-Item Self-Esteem scale: TISE)の10年—尺度の基本的特徴と今後の発展について— 日本心理学会第83回大会 2019.9
講演・口頭発表等 高木祐介,松田佳尚,渡部基信,他 幼児及び児童における食物依存性運動誘発アナフィラキシーに関する横断的研究 第74回日本体力医学会大会 2019.9
講演・口頭発表等 打田篤彦,箕浦有希久,飯田梨乃,大庭義也,阪本達哉,木村元則,内田由紀子,竹村幸祐,一言英文 地域共同体における景観情報に基づく社会関係資本の推定―Google Street Viewを活用した京都市内小学校区の検討― 日本社会心理学会第60回大会 2019.11
講演・口頭発表等 孟憲巍 教えることの起源 THE CUTTING EDGE! 2019 2019.10
講演・口頭発表等 奥野晶子,加藤正晴,板倉昭二 子どもの睡眠と視聴覚情報の同期性の知覚と視聴覚統合の関係 THE CUTTING EDGE! 2019 2019.10
講演・口頭発表等 Itakura, S. Developmental Cybernetics: Understanding infant’s mind through a robot Doshisya Week 2019 2019.11
講演・口頭発表等 Meng X Infants’ understanding of others’ mental states and hierarchical relationships Doshisya Week 2019 2019.11
講演・口頭発表等 藤井まい 国際保健の現場と働き方改革 第34回日本国際保健医療学会学術大会 2019.12
講演・口頭発表等 加藤正晴 顔じゃないのに顔と思ってしまう~パレイドリアからさぐる顔認知の発達~ 文部科学省共同利用・共同研究機関・拠点 連携シンポジウム〜異文化融合によるヒトの社会性の理解を目指して〜 2020.2
講演・口頭発表等 孟憲巍 社会的優位性の初期発達〜赤ちゃんは人間関係をどう見ているのか?〜 文部科学省共同利用・共同研究機関・拠点 連携シンポジウム〜異文化融合によるヒトの社会性の理解を目指して〜 2020.2
講演・口頭発表等 Masaharu Kato the development of scan pattern using eye-tracking technology BPS-JSDP Joint Workshop at Japan Society of Developmental Psychology 2020.3
講演・口頭発表等 孟憲巍,加藤正晴,板倉昭二 集団優位性認知の初期発達 日本発達心理学会 第31回大会 2020.3
講演・口頭発表等 孟憲巍 幼児の分配行動に抑制機能がもたらす影響 日本発達心理学会 第31回大会 2020.3
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア


ページ
上部へ