共同研究公募事業の実績・成果

  • ホーム
  •  >  共同研究事業としての「共同研究公募」
  •  >  共同研究公募事業の実績・成果

計画共同研究公募事業 採択課題

※研究機関は採択時の研究代表者所属研究機関

第1回(2016年度)

研究代表者 主たる研究機関 研究課題名
井関 祥子 東京医科歯科大学 胎児期における口腔発生異常の発症機構の解明
高橋 伸彰 関西学院大学 赤ちゃんのスマホ・タブレット利用に関する研究
大神田 麻子 追手門学院大学 社会的圧力をもった質問が年少・年長児の回答に及ぼす影響
田邊 亜澄 追手門学院大学 乳児の物体概念の階層性:形による上位概念のカテゴリー化の獲得
木谷 俊介 北陸大学 乳幼児の聴覚フィードバックの発達と音声生成
箕浦 有希久 関西学院大学 親(養育者)による他者評定で乳児の基本的信頼感および自尊感情を測定可能な心理尺度の開発

第2回(2017年度)

研究代表者 主たる研究機関 研究課題名
山中 智行 同志社大学 脳形態形成異常を示すマウスの解析
柏原 考爾 徳島大学 児童の前頭葉Fmθ波に基づくワーキングメモリ課題の評価
Chia-huei Tseng 東北大学 Infant Preference: Behavioral and Neurological Measures
阪口 幸駿 同志社大学 ラット幼少期母子分離ストレスが誘導する左右半球脳機能バランスの失調
乙部 貴幸 仁愛女子短期大学 保育者のかかわり方に資する乳幼児の選好形成過程の検討
山﨑 道子 松陰大学 妊娠期から子育て期にかけてのペアレンティングプログラムの開発

第3回(2018年度)

研究代表者 主たる研究機関 研究課題名
宮﨑 晴子 同志社大学 髄鞘化における有髄・無髄の決定に関わるメカニズムの解析
村上 由希 同志社大学 母胎炎症による神経発達障害から胎児脳を守る新しい戦略への挑戦
大神田 麻子 追手門学院大学 集団内外の質問者による子どもの回答傾向の違い
髙木 祐介 奈良教育大学 食物依存性運動誘発アナフィラキシーに関する疫学的研究 -特に運動誘発性喘息罹患歴との関連性の視点から-

第4回(2019年度)

研究代表者 主たる研究機関 研究課題名
坂井 康子 甲南女子大学 乳児音声の韻律的・音響的特徴に関する研究
平岡 大樹 京都大学 乳児の泣きに対する母親の信念についての縦断的調査
大神田 麻子 追手門学院大学 ロボットに心を感じるとき -乳幼児と児童のロボットの認識-
土居 裕和 国士舘大学 非接触型情動計測技術を用いたASD早期スクリーニング技術の開発
嶋田 容子 金沢学院短期大学 乳幼児の音声コミュニケーションと音環境の関連
福山 寛志 鳥取大学 ウェアラブルセンサを用いた乳児-養育者間相互作用研究

一般共同研究公募事業 採択課題

※研究機関は採択時の研究代表者所属研究機関

採択年度 研究代表者 主たる研究機関 研究課題名
2018 加藤 承彦 国立成育医療研究センター エコチル調査データを用いた母親以外の養育(保育園および父親)が乳児の健康と発達に与える影響
2018 木谷 俊介 北陸先端科学技術大学院大学 乳幼児の聴覚フィードバックの発達と音声生成
2018 榎本 暁 名城大学 日本人乳幼児による音節末尾における鼻音知覚に関する研究
2018 山本 寛樹 京都大学 乳児の2人称視点から探る、日常的な母子間視線交渉
2018 大谷 多加志 京都国際社会福祉センター発達研究所 新版K式発達検査改訂版作成のための研究
2018 板垣 沙知 同志社大学 乳幼児での音と意味の結びつきの検討
2018 石川 光彦 京都大学 乳児の視線追従における文脈情報の使用
2019 稲田 祐奈 金沢大学 言語発達を考慮した幼児用嗅覚検査の開発

当センター及び共同研究機関が発表した論文については、順次、公開してまいります。

現在準備中です。


ページ
上部へ