Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ

著者: 請園 正敏

私の好きなもの

  • 投稿日: 2018年10月19日 著者: 請園 正敏


ガンダムバーに行ってきました(注:写真は請園本人です)。私はガンダムが好きで、シャアが好きです。小さいときは青が好きでしたが、気づけば赤い持ち物が増えてきました。小さいときに見たガンダムは、よく分からなく、ロボット(作中ではモビルスーツ)が好き、と思っていたことは記憶してますが、作品が好きということではありませんでした。好きというものは、どのように変化していくものなのでしょうか。

例えば、好きな食べ物と嫌いな食べ物があったとき「昔は好きで良く食べたけど,食べ過ぎて嫌いになった」という表現をよく耳にします。しかしながら、本当にそんなことは起こるでしょうか。
乳幼児期では、身近な大人から与えられたものは、よほど変な味ではない限り、幅広く色々なものを受け入れるそうです。そして乳幼児期の比較的早い段階に、個々の人の食の好みのおおもとが形成されるそうで、この間に口にしてないと、3歳くらいからは新しい味のものを食べようとしない傾向が強まるそうです(ブルーム/春日井訳 , 2006)。また、そもそも、食べ物が美味しいと感じるのは、その栄養素が足りていないからとも解釈可能です(注:「美味しい」のはなぜ?という研究は未解決なので,詳細は割愛しここでは持論を展開)。例を挙げると、汗を大量にかいたあと、塩辛いものを美味しく感じるのも、体が欲しているからと考えられます。ここから、好きではない食べ物は、初期の経験または体が欲していないからと考えられます。また、好きか嫌いかの判断は直感的に行い、理由はあとで考えることが示されています(Hall et al., 2010;気になる方は動画をどうぞ:https://youtu.be/wRqyw-EwgTk)。これらを踏まえると、食べ物の好き嫌いは初期の経験または体が欲していなく直感的に判断し、その上で理由を「わざわざ」考えているようです。もちろん、嗜好品(チョコや依存になる食べ物)を始めとした、脳が欲している好きもあるでしょうが。ここから考えてみても、私がガンダムを好きになった理由は分かりません。

では、ロボットが好きなんでしょうか。男性はロボットや車が好きというのは知られていても、私が不勉強であるからか、「なぜ」に答えられる解を持っていません。小さい時から、弱いものを守って戦うヒーロー的存在が好きであることは示されています(Kanakogi et al., 2017:日本語で見たい方はこちらに概要があります。動画も探すと見られますURL:http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/170131_1.html)。ここからは、アンパンマンは好きになる理由が分かるでしょうが、バイキンマンは好きになりません。ガンダムにおけるシャアは負ける側ですので、単純にヒーローだから好きというわけではなさそうです。ここから考えてみても、私がガンダムを好きになった理由は分かりません。

負けの美学という言葉がありますが、それを知るのはいつ頃でしょうか。私は小さいときにガンダムを見て、中高生のときにもう一度、ここまでは純粋にロボットが好きだったのでしょうが、20歳を超えてからまた見たときに、作品を好きになったことを覚えてます。ここから考えると、中高生までは、ヒーローが好きだった、あるいはロボットが好きだったのではないかと推察できます。なぜシャアが好きなのかを今一度考えると、彼の考えや生き方が好きなのだと思います。それは単純に言い換えれば「凄いやつ」だから好きなのではないでしょうか。そういう価値観が生まれるのが、20歳を超えてきてからなのか、私が遅かったのかわかりませんが、発達心理的にはアイデンティティの確立くらいは来てそうです。自我がしっかり確立して、初めて、ヒトの内面的なものをしっかり考慮して好きという判断を下していそうです。これなら、私がガンダムを好きになった理由が少し見えてきました。しかしながら、神経メカニズムは分かりませんね。
また、新しく生まれる疑問は、80歳になっても「凄いやつ」が好きでい続けるんでしょうか?「凄いやつ」を相手に逆に嫉妬を抱くのはどういうときなのでしょうか?

日々、疑問が生まれます。だからこそ、我々は日々研究しているのでしょうね。

初めての関西生活

  • 投稿日: 2018年03月30日 著者: 請園 正敏

生まれも育ちも東京で初めての関西暮らし。「落ち込んだりもするけれど,私,この街が好きです。」と言えるようにここでの思い出が増えていくといいなということで,奈良に行ってきました。

シカが可愛かった。神鹿のことは知ってましたが,奈良の飲み屋でできた新しい友人から教えてもらったことによると,交通事故等が発生したら,春日大社に最初に連絡しないといけないというルールがあるそうです。ローカルルールに詳しくなるのも,住んだものの特権でしょう。この話が本当なのかどうか知らないけど。

暖かくなってきたので,周辺色々と散策していきたいと思ってます。

  

赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
アクセス
リンク
メディア
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
アクセス
リンク
メディア


ページ
上部へ