Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ

著者: 田中 麻由美

祝・出場決定

  • 投稿日: 2017年12月15日 著者: 田中 麻由美

11月中旬、嬉しいお知らせがありました。
私の好きな某グループ、紅白歌合戦6回目の出場決定!
確定だろうと思いつつも、あ♡って喜びの声を上げました。
しかも連続出場、毎年1年間、彼らが爪痕残してきたという感じがして尚嬉しい。
一気に年末を感じました。
今年の紅白決定のお祝いと忘年会を兼ねて、ファン同士で鳥◯族へ。
鳥◯族、ファン心理が大きく後押ししているのか・・・若い人たちがいたら、エイター?
皆と焼き鳥をいただき飲み交わしながら、「もう6回目なんや」「毎年出場回数の数字が増えていくとファンとして嬉しい」と熱く語り、
「曲は○○が強そうやな」って勝手に予想していました。
最後の締めにミックスジュースを注文、本当に美味しい~さすが大阪名物?
このミックスジュース、鳥◯族に行くと毎回注文するくらいハマった。
今回でつぶやき2回目になりました。
今後も、彼らの活躍を連発しているだけのつぶやきが続くかもしれません。

ファン心理

  • 投稿日: 2016年11月15日 著者: 田中 麻由美

8月より赤ちゃん学研究センターの一員に加わり、初のつぶやきです。
文章力ゼロの私ですが、ありのままに書いていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。
先日、久しぶりに小説を買いました。
ファン心理が大きく後押しして読み始めた本ですが、直木賞を受賞した『破門』
元々読書量が少ないので、黒川博行さんという作家のことも全く知りませんでした。
関西弁によるやりとりが、まるで漫才を聞いているかのような大阪らしいユーモアがあり、黒川博行さんは会話を描くのが上手いなあと思っていたのですが、途中から面倒な「金銭トラブル」という、ちょっと辛い内容でした。
『破門』は来年映画化されるので、予習のために読んでみました。
理由は、個人的に大好きな横山裕さんが登場するので、これはもう観に行かなければ~的な感じで。
映画公開は1月28日。
気が付いたら年末が近い。一年って早い。
その前に『疾走ロンド』
ファン心理が後押ししている初のつぶやきでした。

赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
アクセス
リンク
メディア
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
アクセス
リンク
メディア


ページ
上部へ