当センターの学振PD研究員だった浅田晃佑氏と板倉センター長の共著論文が発表されました

  • ホーム
  • >  新着情報
  • >   当センターの学振PD研究員だった浅田晃佑氏と板倉センター長の共著論文が発表されました

当センターの学振PD研究員だった浅田晃佑氏と板倉センター長の共著論文が発表されました

       
  • 投稿日:2022年05月10日

当センターの学振PD研究員だった浅田晃佑氏と板倉センター長の共著論文が刊行されました。故小西行郎先生も共著です。

【タイトル】

Understanding of the Gricean maxims in children with autism spectrum disorder: Implications for pragmatic language development

邦題:自閉スペクトラム症児におけるグライスの格率の理解:語用論的言語発達への示唆

【著者】

Kosuke Asada, Shoji Itakura , Mako Okanda, Yusuke Moriguchi, Kaori Yokawa, Shinichiro Kumagaya, Kaoru Konishi, Yukuo Konishi

【掲載雑誌】

Journal of Neurolinguistics (2022)

論文はこちらからご覧ください。

赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア


ページ
上部へ