Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ

医師に対する乳児の行動調査

医師に対する乳児の行動調査

更新日: 2018/04/03
募集終了
調査期間 2011年12月13日 ~ 2016年7月19日
研究期間 2011年12月13日 ~ 2016年7月19日
調査の対象月齢・年齢 生後5ヶ月〜1歳9ヶ月
募集時の調査の名称 医師に対する乳児の行動調査
研究の名称(研究計画書の研究課題名) 医者嫌いのメカニズムの解明
担当研究者 渡部基信
調査の実施場所 同志社大学赤ちゃん学研究センター

赤ちゃんにとって優しいお医者さんとは?
ふだん小児科医として診療していますが、赤ちゃんが怖がって泣く「医者嫌い」という拒否反応にしばしば遭遇します。何とかして赤ちゃんと仲良くなりたいのですが、具体的な解決策はありませんでした。そこで理想のお医者さん像を調べてみようと思い、赤ちゃんセンター内に診察室を作って、実際と同じように診察中の赤ちゃんの調査をしました!
#
第一印象は悪くないお医者さん!
白衣を着たお医者さんが赤ちゃんの待つ診察室へ入ってきたとき、赤ちゃんはすぐに泣きませんでした。むしろお部屋でグズったり泣いてた子が、泣くのをやめて、じっとこちらを見ていました。

聴診器がきっかけ?
ところが、聴診器を取り出して診察を始めると急に赤ちゃんの表情が変ります。今まで平気だった赤ちゃんが急に泣き出しました。聴診器を見て何かを思い出したんでしょうか?
#
こんな風に、赤ちゃんとお医者さんの関係について調べています。今後は、さらに、より多角的に赤ちゃんの様子を観察することで、赤ちゃんのストレスにならない診察法を探していきたいと考えています。
#

赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
アクセス
リンク
メディア
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
アクセス
リンク
メディア


ページ
上部へ