Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ

乳幼児の視線計測(表情の認知、視聴覚認知発達)

乳幼児の視線計測(表情の認知、視聴覚認知発達)

更新日: 2018/04/05
募集終了
調査期間 2013年4月1日 ~ 2021年3月31日
研究期間 2013年4月1日 ~ 2021年3月31日
調査の対象月齢・年齢 生後3,6,8,10,12,18,36ヶ月齢、ならびに成人
募集時の調査の名称 乳幼児の視線計測(表情の認知、視聴覚認知発達)
研究の名称(研究計画書の研究課題名) 乳幼児の認知機能発達と身体発達との関連
担当研究者 松田佳尚、谷口康祐
調査の実施場所 同志社大学赤ちゃん学研究センター

目的

生後まもない赤ちゃんは、顔の輪郭をたよりに見ているため、お母さんが髪型を変えると分からなくなります。(※実際は匂いや声を頼りにちゃんと分かっています)その後、2ヵ月頃から、目や口などに注意がいくようになり、髪型を変えてもちゃんと認識できるようになります。さらに成長とともに、顔の見方はどのように変わるのでしょうか? 相手が笑ったり、怒ったり、驚いている時は、顔のどの部分を見ているのでしょうか?「喜怒哀楽」に対する反応も調べています。動きには?色には?音には?
動くモノへの見方も、色の見方も、音への注意の向け方も、成長とともに変わっていきます。

意義

健康診断の現場で、認知の発達を簡単に測れるテストを開発しています。

方法・計画

視線計測装置という、赤ちゃんの視線を自動で計測できる機器を使って調査を行います。調査時間そのものは10分かかりません。

成果

今までに200名以上の赤ちゃん達に参加して頂きました。月齢によって徐々に変化していく認知発達のデータを現在集計中です。

研究機関向けページ
研究機関向けページ
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
アクセス
リンク
メディア
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
アクセス
リンク
メディア


ページ
上部へ