Europen Reserach Council、ドイツチームと板倉センター長の共著論文が発表されました

  • ホーム
  • >  新着情報
  • >   Europen Reserach Council、ドイツチームと板倉センター長の共著論文が発表されました

Europen Reserach Council、ドイツチームと板倉センター長の共著論文が発表されました

この度、Europen Reserach Council、ドイツチームと板倉センター長の共著論文が「Consciousness and Cognition」に掲載されました。

【論文タイトル】
Metacognition and mindreading in young children: A cross-cultural study

【共著者】
Sunae Kim、Beate Sodian、Markus Paulus、Atsushi Senju、Akiko Okuno、Mika Ueno、Shoji Itakura、Joélle Proust

【掲載誌】
Consciousness and Cognition

論文はこちらからご覧ください。

【紹介】
ドイツと日本の幼児を対象に、メタ認知とマインドリーディングの関係を文化比較の観点から検討した。従来、メタ認知とマインドリーディングの関係が言われてきたが、本研究では、そうした関係は見いだせなかった。また、メタ認知は、両国間で差はなかった。

赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア
赤ちゃん学研究センターとは
赤ちゃん研究員募集
研究紹介
講演会・講習会イベント
スタッフ紹介
年報
収集分護 共同研究
メディア


ページ
上部へ