Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ

著者: 志村 洋子

志村 洋子 プロフィールへ

「赤ちゃん学」の成果を保育と幼児教育の現場にしっかり届けたい

  • 投稿日: 2017年11月09日 著者: 志村 洋子

先々月の小西行郎センター長の“つぶやき”に,とてもハードスケジュールで全国のいろいろなところで講演をされている様子が記されていました。まだ,お読みでないかたは,是非バックナンバーに目をお通しくださいませ。

昨年度は,小西センター長の講演に一緒にいかせていただき,連続で講演すると言う得難い経験をしました。小西先生の講演はパワフルで,聴衆にどんどん質問を投げかけながら,その場でやり取りをするなど,会場を笑いに巻き込みながらのパフォーマンスで、アッという間の90分です。この連続講演は,小西先生がお話しになった後で私が二番手で登壇させてもらいましたので,いわゆる《座があったまって》いてなんとも快適に講演ができました。つまり,センター長を前座にするというビックリの体験をイタシマシタ。

今年はその御縁で,同じ地方に改めて行かせて頂きました。そこで,講演会を企画してくださった方々が口を揃えて話されたのは,「赤ちゃん学」そのものの視点の重要性と、小西先生が昨年度の講演でばっさり切られた「慣習に頼る保育の現状打破」の意義でした。
平成30年度からは、乳幼児の保育と教育にかかわる「保育所保育指針」「幼稚園教育要領」「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」が改訂・改定され,特に0.1.2歳児の保育の重要性を念頭に置いた記載がなされています。これまで,3歳未満児として大きなくくりで提示されていた生活や遊びの姿が,より赤ちゃんや年少幼児のありのままの姿に寄り添った記述になりました。保育と幼児教育の分野では,小学校の教科にあたるものは5つの「領域」となっています。それぞれの発達段階で「育(はぐく)みたい力」を領域にそって実現できるよう,また,保育者が目前の子どもたちのために構成した環境の中で,子ども自身が進んでやり取りしながら探索できるよう,配慮することが基本になっています。最近特に話題になっている「アクティブラーニング」は,すでに保育と幼児教育では当たり前の方法といえましょう。

赤ちゃんの時から「試行錯誤しながら学んでいる」という視点が,正しく理解され保育の活動においても役立つよう,さらに「赤ちゃん学」の紹介に努めたいと燃えて(・・・)います。


音楽が赤ちゃんに与えるもの

  • 投稿日: 2016年11月02日 著者: 志村 洋子

赤ちゃん学研究を基盤にした、保育・幼児教育分野の音楽教育に関する教科書を作っている。これは日本赤ちゃん学会の音楽部会が実施している音楽表現講座「赤ちゃんと音楽」で講師を努めるメンバーが中心になり、編集、執筆したものである。12月上旬には上梓される予定だが、この本の「かなめ」の一つは、赤ちゃん学が明らかにしてきている赤ちゃんの育ちの姿を「証拠」にして書かれていることである。その中でも「聴力」がどのように成長の過程で変化するかについて、本学赤ちゃん学研究センターの嶋田容子研究員が執筆されているが、そこで示された事実は、現在の「保育音楽」のあたりまえをおおきく変化させるものになると思っている。つまり、保育室内での赤ちゃんとの音楽表現活動が、見直されるのではないか?と。

乳幼児期に関する音楽教育は、ともすると英語教育と同じく「早期教育」の立役者となることが多く、これまでの36年間の教員生活でいろいろな育児雑誌から取材を受けた。が、早期教育の視点では、音楽が私たちにもたらしてくれる「楽しみ」や「歓び」「やすらぎ」、時には「なぐさめ」や「励まし」という、まるで友の力のようなすばらしさはすっかり忘れ去られて、赤ちゃんの「脳」の発達に良い音楽は?とか、「絶対音感」を付けるには何歳からレッスンが必要か?などという問いに終始した。

赤ちゃんの聴こえのすばらしさのみならず、その聴力の特殊性を知ると、音楽は教えるものという考えやピアノ伴奏で歌うものという「しきたり」の、保育の場での音楽活動が大きく転換するのではないかと思える。赤ちゃんと親や保育の声や表情、視線や体の動き、による何気ないやりとりの中に「音楽遊び」の神髄を位置付ける重要性が良く見えてくるだろう。
どうして?何それ!と、思われた方は是非とも読んでみてくださいね。

「…え、これって、宣伝ツブヤキだったの?」

「うん。ついでにもう一つ宣伝すると、今年の音楽表現講座の第一回目の講義は本学赤ちゃん学研究センター長小西教授の『赤ちゃん学と音楽』の講義から始まるの。11月19日20日と12月17日が開催日で、会場は聖心女子大学です。詳細は『日本赤ちゃん学会HP』で見てくださ~い!」


嘱託研究員の初つぶやき 「世界はこんなに綺麗だったの!」

  • 投稿日: 2016年06月07日 著者: 志村 洋子

「ワンちゃん」を飼って暮らす日々をめざして楽しみに退職したものの、なかなか実現していない。家人は動物慣れしていないためか、端から拒否的。「毛が散る」とか、「匂い」を持ちだして、くる。掃除機をかけるのは、彼と決まっているような日々で「毛が散る」問題は説得しようがないまま来てしまった。その上、このところの猫ブームにつられて気持ちがゆらぎ、朝から岩合さんの猫たち(15分番組)に見とれる始末で、いつになったら「ワンちゃん」との日々が現実になるかが目下、一番の気がかりなこと…と、かなりのんきな毎日で、一番の発見は「世界はこんなに綺麗だったの!」である。

幼児期からの…というか生まれつき?の強度近視で、ぐりぐりメガネ(ご存知?牛乳瓶の底)が手放せない人生だったが、眼底のトラブルも抱えていて、それらの治療の中で「水晶体」の入れ替えを勧められた。水晶体が劣化するいわゆる白内障が進行して、診察と治療が困難になったらしい。2月から4月にかけて2回の手術を経験したが、厳重管理の手術に驚き、そして一番の驚きは(@_@)…。「白」はこんなに白い色だったの! 空はこんなに青かったの! 都会の街並みはこんなにも綺麗だったの! と、何を目にしてもびっくりマークの綺麗さに驚く毎日だった。

多分「赤ちゃん」の目はこんなふうに、眼にする人や眼にするもの全ての色や形を鮮明に見ているのだろう。これまで、赤ちゃんの音声研究を行ってきて、その声が表出する「感情性」の豊かさに感動してきたが、自分自身の目が生まれたてのようになったことで、赤ちゃんの「聴く」ことや音声表出に関する研究にも、さらに新しい気持ちでじっくり取り組む覚悟ができたのである。




  • 赤ちゃん学研究センターとは
  • 赤ちゃん研究員募集
  • 研究紹介
  • 講演会・講習会イベント
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • リンク
  • メディア


ページ
上部へ