Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ

スタッフのつぶやき

漫勉

  • 投稿日: 2017年05月23日 著者: 加藤 正晴

NHKで不定期連載的に「漫勉」という番組を放送しています。

日本で活躍している漫画家さんの仕事場に定点カメラを置き、3日ほど記録したものを、撮影された本人と浦沢直樹が見ながら語り合うという番組。
浦沢直樹は皆さんご存じ、20世紀少年、BILLY BAT、PLUTOなどヒット作を連発して手塚治虫文化賞大賞を二度も受賞した日本の至宝ですよね(旧装丁のMASTERキートン全巻持っています)。映るのは二人のやりとり、そしてターゲットとなった漫画家さんの筆先と原稿。たまにワイドに映した映像もあるけれどもそれでも背景は漫画家さんの仕事場。関係資料や雑誌に囲まれたごみごみした様子が見えるだけ。なんとも地味な番組です。
でも、漫画好きにはたまらない。真っ白な誌面に下絵が描き込まれ、ペン入れがされ、スクリーントーンが張られたり、墨で塗られたりして生原稿ができていく様には目を吸い付けられます。

今までに出演した漫画家さん(と代表作?)は以下の通り
浅野いにお  『おやすみぷんぷん
さいとうたかを 『ゴルゴ13
東山アキコ   『東京タラレバ娘
藤田和日郎   『うしおととら
萩尾望都   『イグアナの娘』『ポーの一族
花沢健吾   『アイアムアヒーロー
五十嵐大介   『海獣の子供
古屋兎丸   『帝一の國
池上遼一   『サンクチュアリ
三宅乱丈   『ぶっせん』『イムリ
高橋ツトム  『スカイハイ
浦沢直樹   『20世紀少年
かわぐちかいじ 『沈黙の艦隊
山下和美   『天才柳沢教授の生活
清水玲子   『秘密 -トップ・シークレット-
伊藤潤二   『うずまき
山本直樹   『レッド
ながやす巧  『壬生義士伝

僕がこの番組に気づいたのは今年からだから、山下和美さんから。もっと前から気づいていればよかった!!!
これをみてつくづく漫画家の先生たちは凄いなぁと尊敬の念を新たにしました。
もうあれだけ上手い絵を描いているのに、「もっと上手くなりたい」という一心で書いているっていうんです。下絵だって、まず表に一回、裏返してデッサンの狂いを確認してなぞりながら2回目、表に返して消しゴムをかけて、裏側のを見ながら修正。これで終わりじゃなくて、もう一度裏返して狂いを修正したら、表に戻って、、繰り返すこと7回!別の漫画家の方は、デッサン狂いを確認するのに裏返しをするのは手間だから、手鏡を脇に備えていて、そこに何度も映しては修正するという方法をとっていました。
ながやす巧先生の絵は本当に綺麗ですが、絵だけじゃなくて、時代考証や人物設定、衣裳設定などを固めるために2年間あてるのだそうです。原作付きの作品なのに! その設定資料集がちらりと紹介されていましたが、それがもうすごい。そのまま作品クオリティ。誰が見るわけでもないのにここまで書き込むのかという驚きの連続。
時間をかけて磨けば磨くほど輝くものが作れるのだなということを改めて教えていただきました。見習わないといけないです。
ありがとうございました。

追伸
ちょっと調べたらDVDが出てるんですね一巻4000円ぐらいで10巻セットだと4万円。う〜〜〜〜〜ん。買っちゃう?

追追伸
作品にはリンクでアマゾンに飛ぶようにしています。でも私にはなんのもうけもありません。ねんのため。


宇宙で唯一の物語

  • 投稿日: 2017年05月17日 著者: 小野 恭子

ひさしぶりに会った友人と出産時の話になった。友人夫婦はともに背丈もあって、がっしりタイプ。そんな二人の赤ちゃんも、おなかの中にいるときから、ビッグサイズだった。生まれるまでの2ヶ月ほどは里帰りをしていたから、最盛期を見ることはできなかったが、里帰り前に会った時でさえ、立派なおなかぐあいだった。本人の申告によると、出産直前は笑えるほど大きかったとか。

そんな大物の赤ちゃんは、予定日などに振り回されず、悠々として、予定日を1週間越えても出てこなかった。彼女の方は絶対安産に違いないと思われる見かけなのだけど実は見かけ倒し…骨盤が狭かったらしい。予定通りだとしてもビッグサイズになってたのに、さらに1週間も成長してしまった赤ちゃんの頭はとても通ることができず、結局おなかを切ることになった。

出産ストーリーは、これまで数々聞いてきたけど、誰の話もスリリング…。目の前でにこにこして話してくれているのが不思議なくらい。そしてどれひとつ、同じパターンなどない。お母さんの身体の条件がみんな違うし、その中で育っている赤ちゃんだって、みんな違うからね。

お母さんの身体は工場ではない。だから、同じものを同じように生産することなんてできない。むしろ宇宙のようなもの。いろんな偶然と必然がからみあって小さな生命を育んでいく。

10ヶ月ちょっとの月日、その宇宙にふわふわと浮いている間、赤ちゃんにもいろんなストーリーがあったことだろう。それは誰も聞いてあげられないけど、赤ちゃんの身体には刻まれる。

そして外へ!
母にとっては出産、赤ちゃんにとっては新しい世界への旅立ち。その道のり、それぞれが、宇宙で唯一の物語。

みんな、そんなに違うストーリーを紡いで子どもと出会うのだから、子育てだってさまざまでいいじゃないかと思う。子どもの育ち方も、いろいろでいいじゃない。

子どもたちの中にも宇宙がある。そこから始まる物語も、誰とも違う、たったひとつの物語。

新しい緑がまぶしい季節、
生命の持つ力に敬意をこめて。


(右は奈良・春日大社の砂ずりの藤、左は春日山の中でからみつきながら高みで咲いてる野生の藤)


たまごとさくら

  • 投稿日: 2017年04月07日 著者: 伊藤 千津

4月になり新年度を迎えました。
入園式・入学式を終えられた方やこれから迎える皆さま、おめでとうございます!
今年、京都の桜の開花宣言は少しゆっくりでしたが、その後はとても暖かい日が
続き、あっという間に桜の開花が進みました。
個人的にはもう少し長く楽しみたいので、今後の雨予報に内心ハラハラしています(笑)

さて桜の開花宣言が出はじめると、どこで楽しもうか!とワクワクするのですが、
今年は大好きな桜を愛でるより先に明石まで。
目的は「玉子焼」。(明石焼の名の方が一般的でしょうか?)
おそらく多くの方が「目的が玉子焼?」と驚かれる(呆れられる)と思いますが、
無性に“そのお店の玉子焼”が食べたくなるのです。
昔から好きな玉子焼(明石焼)ですが、そのお店で食べてからは気分転換のドライブを兼ねて訪れます。
往復の渋滞も、入店前後の待ち時間も決して少なくないけれど、食べた後の個人的満足感は、言うまでもありません!しばらくまた頑張れる(笑)

そして今度はちゃんと“大好きな桜を愛でよう”と、わずかな時間でしたが実行し
てきました。
行先は、久々に訪れたお気に入りの桜並木。
山手にありまだ時期も早かったので咲き始め といった感じでしたが、
枝先に見つけた今年の桜はとてもイキイキと咲いていました。

青空に映える桜を眺めホッと一息つきつつ、また気持ち新たに一歩を踏み出しました。


与論島

  • 投稿日: 2017年03月27日 著者: 飯尾 都美

与論島に行ってきました。
与論の海は本当に綺麗で、その透明度、青のグラデーションは言葉に出来ない美しさでした。
感動して思わず写真をパチパチパチ!娘に送るとどれも同じに見えるとのこと(笑)

大潮の干潮時に浮かび上がる百合が浜。船で渡りました。
浅瀬の上に白い砂浜! 足下に触れる水は気持ちよかったです!

本当はシュノーケルをするつもりでしたが、思いの外、寒くて断念。
その代わり、ウミガメツアーに参加しました。
与論の叔父さんがホラ貝を吹くとウミガメが寄ってきます。
叔父さん曰く「山伏ではなく、海伏です」
叔父さん、山羊を飼っていて、犬みたいに散歩すると着いてきて可愛いそうです。
ちなみに、子羊一匹8000円で売れるとのこと!

与論の南の赤崎海岸にあるお店!
かき氷が有名で、何と20種類以上もあるのです。
おもしろい名前がついていました。
ほぼブラジルはコーヒー味!
ひみつのアッコちゃんはショウガの隠し味がとても美味しかったです!
いつか全部食べてみたいないぁ~。


彼らのあれからと私のこれから

  • 投稿日: 2017年03月10日 著者: 秋山 由里

三寒四温を体感する頃になり、川面を覗く季節がそこまで来てくれたようだ。

昨シーズン中、途中からカウントしなくなったから不明だが、アチコチに里子にしてもらった彼らも数えると‥網にかかった彼らは2000を下らない。もしかしたら3000オーバーかも知れない。

小雪が舞い散る中、彼らはバケツや水槽にガラス器その他あらゆる水中で静かに元気に年越しをしてくれた。大寒がりでズボラな私は凍った水面のチェックを怠り、スーイスイっの整列が見られなくなった途端、エサやりすら途絶えてしまった。梅だよりの時期には、彼らがお腹を見せて浮かんでしもてたらコワイので水気からも遠のいてしまった。

シーズンオフも間もなく終了‥もう知らん顔で居られない。
そおれッ!とシャッターを切って来た。

彼らは見事な春を迎えていた。
人間ってダメや、あ、ちゃう、ダメなんは私か。

桜が咲いたら私たちの第二シーズン開幕🌸
新たなアプローチを練らな‥可愛くて強い彼らと過ごすから🐟




  • 赤ちゃん学研究センターとは
  • 赤ちゃん研究員募集
  • 研究紹介
  • 講演会・講習会イベント
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • リンク
  • メディア


ページ
上部へ