Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ

漫勉

漫勉

  • 投稿日: 2017年05月23日 著者: 加藤 正晴

NHKで不定期連載的に「漫勉」という番組を放送しています。

日本で活躍している漫画家さんの仕事場に定点カメラを置き、3日ほど記録したものを、撮影された本人と浦沢直樹が見ながら語り合うという番組。
浦沢直樹は皆さんご存じ、20世紀少年、BILLY BAT、PLUTOなどヒット作を連発して手塚治虫文化賞大賞を二度も受賞した日本の至宝ですよね(旧装丁のMASTERキートン全巻持っています)。映るのは二人のやりとり、そしてターゲットとなった漫画家さんの筆先と原稿。たまにワイドに映した映像もあるけれどもそれでも背景は漫画家さんの仕事場。関係資料や雑誌に囲まれたごみごみした様子が見えるだけ。なんとも地味な番組です。
でも、漫画好きにはたまらない。真っ白な誌面に下絵が描き込まれ、ペン入れがされ、スクリーントーンが張られたり、墨で塗られたりして生原稿ができていく様には目を吸い付けられます。

今までに出演した漫画家さん(と代表作?)は以下の通り
浅野いにお  『おやすみぷんぷん
さいとうたかを 『ゴルゴ13
東山アキコ   『東京タラレバ娘
藤田和日郎   『うしおととら
萩尾望都   『イグアナの娘』『ポーの一族
花沢健吾   『アイアムアヒーロー
五十嵐大介   『海獣の子供
古屋兎丸   『帝一の國
池上遼一   『サンクチュアリ
三宅乱丈   『ぶっせん』『イムリ
高橋ツトム  『スカイハイ
浦沢直樹   『20世紀少年
かわぐちかいじ 『沈黙の艦隊
山下和美   『天才柳沢教授の生活
清水玲子   『秘密 -トップ・シークレット-
伊藤潤二   『うずまき
山本直樹   『レッド
ながやす巧  『壬生義士伝

僕がこの番組に気づいたのは今年からだから、山下和美さんから。もっと前から気づいていればよかった!!!
これをみてつくづく漫画家の先生たちは凄いなぁと尊敬の念を新たにしました。
もうあれだけ上手い絵を描いているのに、「もっと上手くなりたい」という一心で書いているっていうんです。下絵だって、まず表に一回、裏返してデッサンの狂いを確認してなぞりながら2回目、表に返して消しゴムをかけて、裏側のを見ながら修正。これで終わりじゃなくて、もう一度裏返して狂いを修正したら、表に戻って、、繰り返すこと7回!別の漫画家の方は、デッサン狂いを確認するのに裏返しをするのは手間だから、手鏡を脇に備えていて、そこに何度も映しては修正するという方法をとっていました。
ながやす巧先生の絵は本当に綺麗ですが、絵だけじゃなくて、時代考証や人物設定、衣裳設定などを固めるために2年間あてるのだそうです。原作付きの作品なのに! その設定資料集がちらりと紹介されていましたが、それがもうすごい。そのまま作品クオリティ。誰が見るわけでもないのにここまで書き込むのかという驚きの連続。
時間をかけて磨けば磨くほど輝くものが作れるのだなということを改めて教えていただきました。見習わないといけないです。
ありがとうございました。

追伸
ちょっと調べたらDVDが出てるんですね一巻4000円ぐらいで10巻セットだと4万円。う〜〜〜〜〜ん。買っちゃう?

追追伸
作品にはリンクでアマゾンに飛ぶようにしています。でも私にはなんのもうけもありません。ねんのため。



  • 赤ちゃん学研究センターとは
  • 赤ちゃん研究員募集
  • 研究紹介
  • 講演会・講習会イベント
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • リンク
  • メディア


ページ
上部へ