Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ

夏の終わりに、

夏の終わりに、

  • 投稿日: 2017年09月26日 著者: 嶋田 容子

夏の終わりに、元気で自由な6歳の女子たちと川遊びに出かけました。子どもたちと外へ行くとつい、ほぼ同じテンションで遊んでしまうのですが、「子どもを見てくれてありがとう」とママ友たちも喜んでくれるので、良いことばかりです。今回、一人の女の子と一緒に浅瀬を渡って、向こう岸のちょっとした深みで泳いでいたら、わたしもいくーわたしもー!と大騒ぎに・・・仕方なく「大人役」になって、川渡りのお手伝いをしました。もちろん、希望者全員の手を引いて、泳ぐお手伝いも。そのあとは、7人がスズメのように岩に座って浅い流れに足を浸し「足が流れる~!」と笑ったり、岩の上に腹ばいになって「あったかいねぇ」とほっこりしたり、流れに突き刺さった大きな枝を見て「あれを助けよう!」とあの手この手、一致団結して「救出」したり。

子どもと遊ぶと、こちらもさまざまに期待・緊張感・創造力をかきたてられます。6歳の子にとっては浅い川も大冒険、1,2歳なら普通の滑り台でも大冒険。でも、今できることの一歩先の段階へ、子どもは常に嬉しそうに向かっていきます。そのひとつひとつをこちらは、絶壁に立つような緊張感で見守ります。それでも、嬉々として冒険に向かう子どもの背中ほど、見守りがいのあるものはありません。

子どもの自発性や探求心を支える保育、言うは易しですが、保育園や幼稚園で、1人2人の先生で十数人の子どもたちの冒険を支えるのは、細心の注意を要する本当に大変な仕事だと思います。でも、我が子は言います。「〇〇ちゃん(自分)が自分で考えて遊んでるねんで。先生はいっしょに遊んでるだけやで。」 先生が何を教えてくれた、という発言よりもこの一言に、先生への感謝をあらたにしました。内心どんなに必死でも「いっしょに愉しく遊んでただけ」と子どもたちには思われたいところ。親としても研究者としても、現場の先生に学ぶところは少なくありません・・・何しろ自分はこの川遊びの後に腰を痛めてダウン・・・まだまだです。



  • 赤ちゃん学研究センターとは
  • 赤ちゃん研究員募集
  • 研究紹介
  • 講演会・講習会イベント
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • リンク
  • メディア


ページ
上部へ