Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ

はじまりは赤ちゃんから

はじまりは赤ちゃんから

  • 投稿日: 2016年04月19日 著者: 小野 恭子

2008年10月、同志社大学の小さなプロジェクトのひとつとして“赤ちゃん学研究センター”が、京都府最南端の関西学術研究都市(けいはんな)の片隅で始動した。
たった4人の「はじまり」だった。
そして…。
2015年4月に同志社大学の先端的教育研究拠点として認められた。
目の前の“やらねばならない”と“やりたい”とを追いかけてきた時間は、長かったようにも思えるし、短かったような気もする。

ただ一番しあわせだったと思えることは、折に触れてひとり、またひとりと力を貸してくれる人たちがスタッフとして加わってくれたこと。
先日、けいはんな記念公園の満開のソメイヨシノの下で、歓迎会をかねたお花見をささやかに催した。全員がそろうことはできなかったけど、みんなの自己紹介を聞いていたら、いろんなエピソードが思い出され、ここまでの日々が赤ちゃん学研究センターにとって欠かせない時間だったと、あらためて実感できた。
hanami
あがいて、もがいて、動きまわった8年半は、もしかしたらまだ、おなかのなかで育っていた状態で、今、ようやくオギャァと外に出てきたところかもしれない。これからハイハイ、ヨチヨチ…と大きくなっていくのだとしたら、このさきの時間と経験もかけがえのないものとなるに違いない。

はじまりは赤ちゃんから。

どんな経験も、そこから学べば宝物。
赤ちゃん目線を忘れないセンターであり続けたい。
hanami2



  • 赤ちゃん学研究センターとは
  • 赤ちゃん研究員募集
  • 研究紹介
  • 講演会・講習会イベント
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • リンク
  • メディア


ページ
上部へ