Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ

スタッフのつぶやき

「赤ちゃん学」の成果を保育と幼児教育の現場にしっかり届けたい

  • 投稿日: 2017年11月09日 著者: 志村 洋子

先々月の小西行郎センター長の“つぶやき”に,とてもハードスケジュールで全国のいろいろなところで講演をされている様子が記されていました。まだ,お読みでないかたは,是非バックナンバーに目をお通しくださいませ。

昨年度は,小西センター長の講演に一緒にいかせていただき,連続で講演すると言う得難い経験をしました。小西先生の講演はパワフルで,聴衆にどんどん質問を投げかけながら,その場でやり取りをするなど,会場を笑いに巻き込みながらのパフォーマンスで、アッという間の90分です。この連続講演は,小西先生がお話しになった後で私が二番手で登壇させてもらいましたので,いわゆる《座があったまって》いてなんとも快適に講演ができました。つまり,センター長を前座にするというビックリの体験をイタシマシタ。

今年はその御縁で,同じ地方に改めて行かせて頂きました。そこで,講演会を企画してくださった方々が口を揃えて話されたのは,「赤ちゃん学」そのものの視点の重要性と、小西先生が昨年度の講演でばっさり切られた「慣習に頼る保育の現状打破」の意義でした。
平成30年度からは、乳幼児の保育と教育にかかわる「保育所保育指針」「幼稚園教育要領」「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」が改訂・改定され,特に0.1.2歳児の保育の重要性を念頭に置いた記載がなされています。これまで,3歳未満児として大きなくくりで提示されていた生活や遊びの姿が,より赤ちゃんや年少幼児のありのままの姿に寄り添った記述になりました。保育と幼児教育の分野では,小学校の教科にあたるものは5つの「領域」となっています。それぞれの発達段階で「育(はぐく)みたい力」を領域にそって実現できるよう,また,保育者が目前の子どもたちのために構成した環境の中で,子ども自身が進んでやり取りしながら探索できるよう,配慮することが基本になっています。最近特に話題になっている「アクティブラーニング」は,すでに保育と幼児教育では当たり前の方法といえましょう。

赤ちゃんの時から「試行錯誤しながら学んでいる」という視点が,正しく理解され保育の活動においても役立つよう,さらに「赤ちゃん学」の紹介に努めたいと燃えて(・・・)います。


夏の終わりに、

  • 投稿日: 2017年09月26日 著者: 嶋田 容子

夏の終わりに、元気で自由な6歳の女子たちと川遊びに出かけました。子どもたちと外へ行くとつい、ほぼ同じテンションで遊んでしまうのですが、「子どもを見てくれてありがとう」とママ友たちも喜んでくれるので、良いことばかりです。今回、一人の女の子と一緒に浅瀬を渡って、向こう岸のちょっとした深みで泳いでいたら、わたしもいくーわたしもー!と大騒ぎに・・・仕方なく「大人役」になって、川渡りのお手伝いをしました。もちろん、希望者全員の手を引いて、泳ぐお手伝いも。そのあとは、7人がスズメのように岩に座って浅い流れに足を浸し「足が流れる~!」と笑ったり、岩の上に腹ばいになって「あったかいねぇ」とほっこりしたり、流れに突き刺さった大きな枝を見て「あれを助けよう!」とあの手この手、一致団結して「救出」したり。

子どもと遊ぶと、こちらもさまざまに期待・緊張感・創造力をかきたてられます。6歳の子にとっては浅い川も大冒険、1,2歳なら普通の滑り台でも大冒険。でも、今できることの一歩先の段階へ、子どもは常に嬉しそうに向かっていきます。そのひとつひとつをこちらは、絶壁に立つような緊張感で見守ります。それでも、嬉々として冒険に向かう子どもの背中ほど、見守りがいのあるものはありません。

子どもの自発性や探求心を支える保育、言うは易しですが、保育園や幼稚園で、1人2人の先生で十数人の子どもたちの冒険を支えるのは、細心の注意を要する本当に大変な仕事だと思います。でも、我が子は言います。「〇〇ちゃん(自分)が自分で考えて遊んでるねんで。先生はいっしょに遊んでるだけやで。」 先生が何を教えてくれた、という発言よりもこの一言に、先生への感謝をあらたにしました。内心どんなに必死でも「いっしょに愉しく遊んでただけ」と子どもたちには思われたいところ。親としても研究者としても、現場の先生に学ぶところは少なくありません・・・何しろ自分はこの川遊びの後に腰を痛めてダウン・・・まだまだです。


夏の思い出

  • 投稿日: 2017年08月31日 著者: 阪口 美和子

前回つぶやきの小西先生の忙しさには及びませんが、子ども達が夏休みに入りいつも以上に忙しい毎日・・・
部活やイベントに夏期講習、それぞれに予定があって毎日明日の確認をしないと覚えきれない!
家ではご飯を炊くこととお茶をわかすことばかり考えているような…

自分が学生の時のことを思い出しても部活のことばかり考えていて、練習は厳しかったけれど、家族よりもずっと長い時間一緒にいた友達との毎日が楽しくて、陰で支えてくれている人がいることなんて考えていなかったなーとちょっぴり反省。

夏休みの思い出といえば、小学生の時はコーラス部の練習と、学校のプールで毎日学校通い。中学の時はテニス部で、厳しい顧問の先生と先輩方の中、ひたすらボール拾いと練習と練習後の山道往復7kmのランニング...高校の時もテニス部で相変わらず休みなく、朝早くから夕方暗くなってボール見えなくなるまで練習。練習は厳しかったがとても自由で、楽しい先生方や仲間がいて本当に楽しかった。

限界まで挑戦したり、いろんな人との出逢いがあったり、試合の緊張感だったり、あの頃の辛かった、楽しかった経験があるからこそ、大人になってピンチがあっても乗り越えられていると思う。

今子供達に「大変なこともあるけれど、将来きっと役に立って無駄なことはないよ。」と言うけれど、本人たちはまだ良く分かっておらず、「昔と今は違う!」と言われるが…

もう夏休みもあと少し。楽しい夏休みの思い出を!


酷暑見舞い

  • 投稿日: 2017年07月26日 著者: 小西 行郎

ひとところに2、3日滞在することが、ほぼない。
移動にかかる時間もハンパじゃない。

近々では、先週木曜に京都→東京→富山、富山で一泊、金曜に富山で講演→金沢→新大阪→岡山→高松、高松で一泊、土曜は高松で外来診療をして京都へ移動、日曜はよせばいいのに祇園祭の宵山の人混みの中を夫婦で2時間も散歩、翌日の月曜は神戸で4時間半の講演!そのあと明石で火曜、水曜は病院勤務、ようやく今日は赤ちゃん学研究センター…という1週間のスケジュールをこなしました。

よかったのは富山の駅前で寿司を食べたこと、それも一人わびしく15分で。それ以外はホテルの朝食、あとは弁当か会食…あんまり覚えてない。
木曜に京都駅で切符を一括購入するのに15分以上も時間がかかり、ひと電車遅れてしまい、東京の重要会議に3分遅刻したことが記憶に残ったくらいで、あとは記憶にとどまらず。

そしてまた。今日はこれから東京です。明日の午前中は面接があり、午後は打合せをして京都に戻る予定。もうフラフラ。どこかで倒れていたら起こしてください。

再来週には、恒例となった和歌山県の太地町で調査があり、10日間滞在。これにはセンターから参加するスタッフもいるのでなんとかなるでしょう。
酷暑ですが、私にとっては酷使です。
どーせ、好きでやっているんでしょうとまた言われるのでしょうが。

「これは“つぶやき”ならぬ“ぼやき”。(笑)」(影の声)


幼稚園での親子イベント

  • 投稿日: 2017年06月19日 著者: 川西 康之

週末に幼稚園の親子イベントに参加してきました。

最初は次男(年長さん)からで、与えられたテーマは、絵の具と紙ねんどを使った、ペンたてのデコレーション。

白い紙ねんどに、絵の具をちょぴっと混ぜ込んで、コネコネすると、綺麗な色のカラーねんどになるとのこと。それを自由に組み合わせて、オリジナルペンたてを作ってください、と(!?)。

最初はなんとなく、周囲にデコレーション得意そうなお母さんばかりに見えて、妻が用事で僕しかいなかったこともあり、「わたしゃ大丈夫なのかなー」と心配しつつ、、まばらに見つけるお父さんに知り合いはいないけど、勝手に「お父さん同盟」を結んだ気になって勇気を奮い立たせ、いざ、カラーねんどデコレーション!

子どもにどんなものを作りたいのか聞きながら、「絵の具を混ぜて、コネコネ作業」は子どもにやってもらいつつ。でも結局、幼稚園児の力では、ねんどがうまく絵の具と混ざりきらないので、最後はこっちで仕上げのコネコネ。

できたカラーねんどから、「形を作る作業」もだいたいは僕の担当で、、それならば、と、せめて「くっつけ作業」を子どもにお願いしてみると、やっぱりヘンテコにはっつけたりしていて、直したくなってしまって、手が出そうになるのを抑えることができたり、手が出て直してしまったり(汗)

ああ、こうやってさりげなく手を出すことで、子どもは傷ついてるのではないだろうか、と思って、思い切っていろいろな作業を任せきってみると、やっぱりできなかったり、ヘンテコになってしまったりで「パパこれやってー」と(笑)

そうか、重要なのは、手伝うことと、やらせてみることのバランスか!?と今更ながら悟り、なるべくやってみてもらおうとするが、ついつい手が出てしまい、結局、こんなんできました。って、ほとんど僕ですかね(汗)

   
 わかめと思って作ったものが、    
 「うみへびだよ〜」「え?」

ねんどのようなものをコネコネするのは、心が躍る感じがしてきて、なぜか気がついたら子どもそっちのけで(周囲も 笑)、結局大人でけっこう作ってしまいました(^^;)

次女(年少さん)は、テーマが万華鏡で、同じく紙ねんどでデコレーションでした。

くまさん、唇ありましたっけ?

二人ともとりあえず、自分もかかわったぞ感は感じてくれたようで(と思いたい)、できたものもとっても気に入ってくれた(のかな?)様子で、、よかったよかった!

ということで、僕も、子どもとじっくり関われたり、久しぶりにねんどに触れたりと、とっても嬉し楽しい気持ちで過ごせた週末でした。

いつか、子育てが落ち着いたら、陶芸教室に通ってみようかな?
みなさんも、趣味で何か初めて見るのは、いかがでしょうか〜?って、6月からってありますかね(^^;)

おまけ

先日ガラス越しに、次女から手のひらクイズが初登場。

次女(両手をピースして)「これなーんだ?」
ぼく「うーん、なにかなー、、、わかった、かにさん!」
次女「正解!」
  (次に、両手をパーにして)「これ、なーんだ?」
ぼく「うーん、なにかな〜、、、(本当にわからん。。)、わかった、うさぎさん!」
次女「はずれ〜」
ぼく「う〜ん、、、ぞうさん!」
次女「はずれ〜」
ぼく「・・・(こ、これは本当にむずかしいぞ、、)、、、じゃあ、ねこちゃん!」
次女「はずれ〜」
ぼく「・・・(こういうときは、ど、どうしたらいいんだ??)、、うーん、、、い、いぬ!」
次女「せいかーい!」
ぼく「や、やった〜(汗)!」




  • 赤ちゃん学研究センターとは
  • 赤ちゃん研究員募集
  • 研究紹介
  • 講演会・講習会イベント
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • リンク
  • メディア


ページ
上部へ