公募

公募要領

1.公募の目的・趣旨

ヒトの始まりから生涯にわたる「“こころとからだ”の発生・発達メカニズムの解明」をめざす「赤ちゃん学研究センター」は、2016 年度から文部科学省により共同利用・共同研究拠点の認定を受け、「特色ある共同研究拠点の整備の推進事業」を実施します。

2.公募タイプ

公募には「計画共同研究」と「一般共同研究」の2タイプがあります。
    • 1.「計画共同研究」
関連研究者の要請に基づいて設定した下記分野を対象に、公募により課題を募集します。採択課題は、赤ちゃん学の拠点形成に係る重点課題として、経費を支援し、本センターの研究員とともに共同研究を実施していただくことになります。
      • 1)発生学分野
      • 【キーワード】産科学、発生・発達・再生神経科学、神経発生・分化、神経再生・可塑性、脳発達障害・代謝性疾患、発生遺伝、など
      • 2)統計/解析学分野
      • 【キーワード】データサイエンス、調査・実験計画、多変量解析、時系列解析、統計的パターン認識、医薬生物・ゲノム統計解析など
      • 3)心理学分野
      • 【キーワード】感覚、認知、意識、注意、記憶、感情、発達、学習、生理、心理アセスメント、親子関係、発達障害、など
      • 4)教育学/政策学分野
      • 【キーワード】幼児教育・保育、家庭教育、社会福祉教育、特別支援教育、教育政策、社会政策・社会福祉、経済政策、など
      • 5)看護学分野
      • 【キーワード】小児看護学、家族間語学、地域看護学、学校看護、公衆衛生看護学、母性・女性看護学、助産学、周手術期看護学など
      • 6)倫理学分野
      • 【キーワード】医療技術倫理、情報倫理、研究倫理、社会倫理、学校倫理、差別・排除、ジェンダー、など
    • 2.「一般共同研究」
応募する研究者が自らテーマを設定します。採択テーマを実施する研究者には、本センターが有する施設・設備・機能を提供します。

3.応募資格

大学及び大学共同利用機関、研究所等に所属する研究者(大学院生含む)、もしくは育児・保育現場に携わる者。

4.採用の件数

「計画共同研究」は6分野から最大6件、「一般共同研究」は件数を決めずに随時採用します。

5.共同研究の期間

  • (計画共同研究)2016年12月15日〜2018年3月31日
  • (一般共同研究)採択後~2018年3月31日

6.申請方法

  • (計画共同研究)「2016年度 同志社大学赤ちゃん学研究センター 計画共同研究 申請書」を用いて、2016年11月25日(金)までに下記宛に郵送してください(必着)。封筒には「赤ちゃん学研究センター「計画共同研究」申請書在中」と朱書きしてください。また、メールでも申請書を送信ください。
  • (一般共同研究)「2016年度 同志社大学赤ちゃん学研究センター 一般共同研究 申請書」を用いて、下記宛に郵送してください。申請書は随時、受け付けます。封筒には「赤ちゃん学研究センター「一般共同研究」申請書在中」と朱書きしてください。また、メールでも申請書を送信ください。
  • 【郵送先】
  • 〒619-0225 京都府木津川市木津川台4−1−1
  • 同志社大学 赤ちゃん学研究センター
  • (電話)0774-65-6066 担当:小西行郎、加藤正晴、松田佳尚
  • (Email)centerアットマークakachan.doshisha.ac.jp(アットマークの部分を@で置き換えてください)

7.選考の基準

選考は以下の点を考慮して総合的に選考します。
  • (1) 赤ちゃん学研究センターが期待する研究テーマとの関連性を有するもの。
  • (2) 期間内に、成果が挙げられる可能性を有するもの。
  • (3) 赤ちゃん学の深化、発展に資する可能性を有するもの。
  • (4) 研究の国際的発信に関する可能性を有するもの

8.公募要領

以下から公募要領をダウンロードし、<6.申請方法>に従って応募してください。

計画共同研究公募要領

一般共同研究公募要領

以 上

  • 赤ちゃん学研究センターとは
  • 赤ちゃん研究員募集
  • 研究紹介
  • 講演会・講習会イベント
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • リンク
  • メディア


ページ
上部へ