Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ

講演会・講習会・イベント

平成29年度 赤ちゃん学基礎講座(第5回目)

  • 開催期間 2017年12月14日 ~ 2017年12月14日
    講演会

日程 2017年12月14日(木) 18:00~20:00
場所 同志社大学 学研都市キャンパス 快風館
講師 三池 輝久 熊本大学 名誉教授/兵庫県立子どもの睡眠と発達医療センター 参与、小児科医
   「子どもの脳を創り・育て・守る睡眠 ~生活リズムと生体リズム」

誰もが通ってきた道ながら、いまだに解明されていない胎児から始まる成長・発達のメカニズムの研究は、多岐にわたる分野が融合しなければ進むことができません。企業の力、行政の力のよる牽引や後押しも必要です。赤ちゃん学の“赤ちゃん”とは「ヒトのはじまり」を象徴しています。
同志社大学赤ちゃん学研究センターは、赤ちゃん学の研究者のハブとして、文科省の『共同利用・共同研拠点』に認定されています。けいはんなでもそのネットワークを広げるために、「ヒトのはじまり」の最前線の研究について専門家にご紹介いただき、その後、小西行郎センター長とそれぞれのテーマについて議論します。
詳しくは 平成29年度 赤ちゃん学基礎講座 をご覧ください。


平成29年度 赤ちゃん学基礎講座(第4回目)

  • 開催期間 2017年11月30日 ~ 2017年11月30日
    講演会

日程 2017年11月30日(木) 18:00~20:00
場所 同志社大学 学研都市キャンパス 快風館
講師 浅田 稔 大阪大学大学院工学研究科 教授
   「みずから発達するロボットの設計 ~真のAIをめざして」

誰もが通ってきた道ながら、いまだに解明されていない胎児から始まる成長・発達のメカニズムの研究は、多岐にわたる分野が融合しなければ進むことができません。企業の力、行政の力のよる牽引や後押しも必要です。赤ちゃん学の“赤ちゃん”とは「ヒトのはじまり」を象徴しています。
同志社大学赤ちゃん学研究センターは、赤ちゃん学の研究者のハブとして、文科省の『共同利用・共同研拠点』に認定されています。けいはんなでもそのネットワークを広げるために、「ヒトのはじまり」の最前線の研究について専門家にご紹介いただき、その後、小西行郎センター長とそれぞれのテーマについて議論します。
詳しくは平成29年度 赤ちゃん学基礎講座をご覧ください。


同志社講座「発達障害の子どもを理解する」

  • 開催期間 2017年12月8日 ~ 2017年12月8日
    講演会

日程 2017年12月8日(金) 19:00~20:30
場所 同志社大学東京サテライト・キャンパス セミナー室
講師 小西 行郎 同志社大学赤ちゃん学研究センター長/教授
   熊谷 晋一郎 東京大学先端科学技術研究センター 准教授

発達とは何か。発達を障害するものとは? 障害とは誰にとってなのか。発達障害は少しでも早く療育を始めることが何より重要であると考えられているが、本当にそうなのだろうか。発達障害をもつ子どもたちの医療を行う中で、私は早期発見・早期療育の目的について何か違和感を覚えていた。こうした子どもへの療育は、まずは彼らが何に苦しみ、何を悩み、彼ら自身がどうやってそれを解決していこうとしているのかを知ることからではないだろうか。障害を持つ本人が、似た困難をもつ仲間とともに自分の困難について研究する「当事者研究」をテーマに研究されている熊谷先生と出会ってから、私はこの方法を取り入れていくことでしか発達障害をもつ方たちの気持ちは理解できないと考えている。当事者研究の第一人者でもある熊谷先生と討論し、理解の道筋を探っていきたい。
推薦図書『: 発達障害の子どもを理解する』(小西行郎 集英社2011)『発達障害当事者研究―ゆっくりていねいにつながりたい』(綾屋紗月・熊谷晋一郎 医学書院2008)『リハビリの夜(シリーズケアをひらく)』(熊谷晋一郎 医学書院2009)

詳しくは同志社講座2017 秋学期 「Doshisha Evening Academy」をご覧ください。


定期セミナーのご案内(第10回)

  • 開催期間 2017年12月11日 ~ 2017年12月11日
    研究会

2017年12月11日(月)18:00-20:00に第10回定期セミナーを開催します。
開催場所は学研都市キャンパス快風館です。
なお、事前予約は必要なく、参加費も無料です。

今回は、【脳機能計測と赤ちゃん】と題して、渡辺はま先生(東京大学大学院 教育学研究科 特任准教授)、廣安知之先生(同志社大学 生命医科学研究科 教授)をお招きし、フロアの方達と一緒に考えてみたいと思います。ふるってご参加ください。

赤ちゃんおよびfNIRSに向き合ってみて分かったこと
渡辺はま(東京大学大学院 教育学研究科 特任准教授)

ヒトの初期発達を解明するためにfNIRSを用いてどのようなアプローチが可能なのかに関して、新生児や乳児を対象とした研究を紹介しながら議論する。睡眠時の脳血管の血流動態、聴覚・視覚等の知覚情報や言語等の認知情報に対する皮質応答等について具体的なデータから議論を深めるとともに、新生児や乳児を対象とした計測の実態(工夫や苦労等)について共有する機会としたい。

fNIRSによる「ヒト」の状態推定
廣安知之先生(同志社大学 生命医科学研究科 教授)

fNIRSは近赤外線を利用した血流量の変化を測定することにより脳活動を計測する手法である。これまで、あるタスクを行った際に、脳のどの部位が活動するかを調査することが主眼であったが、近年、それらのどの部位同士が連携しているかの検討が盛んに行われている。これにより、脳の状態を脳機能イメージング装置から得られる情報から議論することが可能となった。本発表ではfNIRSから得られる情報を利用して「ヒト」の脳の状態をどのように定義し利用するかについて議論する。

同志社大学赤ちゃん学研究センターは、今まで様々な研究領域で行われてきたものを融合させ、ヒトの起点である胎児期から乳児期にかけての行動、認知、身体の発達に関する基礎的な原理を明らかにすることによって「ヒト」から「人」へとかわる発達のメカニズムを解明することを目的として設立されました。
2016年度から文部科学省により共同利用・共同研究拠点として認可され、その事業の一つとして定期的にセミナーを開催することにいたしました。このセミナーは、①人の発達にかかわる様々な研究者を結びつけ、②子育てをする養育者の方々、保育・幼稚園の関係者、看護・療育の関係者などに最新の赤ちゃん学の知見を得ていただき現場で利活用いただくことを目指しています。上記関係者の他、ご興味をお持ちの方を含め、多くの方のご参加をお待ちしています。


赤ちゃん学フェスティバルの報告

  • 開催期間 2017年10月28日 ~ 2017年10月28日
    報告

10月28日(土)に「赤ちゃん学フェスティバル2017」を開催しました。台風接近中というあいにくの天気でしたが,子どもたちやそのご家族の方々、プレパパ、プレママ、研究にご興味のある方々が、近くから、遠くから、約150名もお越しくださり、大いに盛り上がりました。

赤ちゃん学研究センターは文部科学省共同利用・共同研究拠点「赤ちゃん学研究拠点」に認定され2年目となりましたが、寄付プロジェクトのころからあわせれば、この10月で10年目となり、これまで研究にご協力いただいた皆様に今のセンターの様子をご報告させていただく、そしてこれからご協力いただく皆さまには、より身近に感じていただくことを目指して、今回のフェスティバルを企画いたしました。

はじめに、センター長の小西先生から挨拶があり、加藤先生から研究内容や調査の様子などについての講演、研究者8名の研究ポスター掲示などでセンターの活動を紹介させていただきました。そのあと、それぞれ希望いただいた赤ちゃん調査の体験イベントや、ジャグリングや人形劇、スタンプラリー、段ボール迷路等を楽しんでいただきました。「里山きゃんぱす」で子どもたちと農作業活動をされている経済学部の岸先生とゼミ生の方々が準備してくださったコーナーで、少し大きな子どもたちが真剣に遊ぶ姿も印象的でした。

初めての試みで、私たちスタッフ一同、ドキドキしながら準備してまいりましたが、たくさんの方々にお越しいただけたこと、そして楽しかったとのお声をいただいたことを何より嬉しく思っております。
ご来場いただいた皆様、宣伝用のチラシやポスター配布に快くご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。




  • 赤ちゃん学研究センターとは
  • 赤ちゃん研究員募集
  • 研究紹介
  • 講演会・講習会イベント
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • リンク
  • メディア


ページ
上部へ